5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のENEOSがミャンマーのガスプロジェクトから撤退

ポストする:

東京(AFP)- 日本のエネルギー会社ENEOSホールディングスは月曜日、母親とマレーシアのパートナーが撤退を発表した数日後、倒壊したミャンマーでのガスプロジェクトからの撤退を発表した。

ENEOSは、昨年の民間指導者アウンサンスーチーの解任と拘留以来、軍が異議申し立ての広範な弾圧を行ってきた東南アジア諸国から撤退した最新のエネルギー会社です。

ENEOSグループの一員であるJX日本石油ガス探査は、ミャンマー南部のイエタグンプロジェクトで日本政府と三菱商事に関与しています。

そのプロジェクト会社であるNipponOilExplorationは、20年間操業しているガス部門の19.3%の株式を保有しています。

ENEOSは声明のなかで、「JXは、イエタグンガス田の技術的評価に基づいて、国の現状、社会問題、プロジェクト経済を考慮して、話し合いの末に撤退することを決定した」と述べた。

日本の経済産業省は、コメントの要請にすぐには応じなかった。

マレーシアのペトロナスとタイの石油とガスの合弁事業PTTEPも金曜日に撤退を発表した。 ペトロナスの子会社であるカリカリ・イェダゴンがプロジェクトの約41%の株式を保有し、PTTEPが19.3%を保有しています。

地元の監視グループによると、ミャンマーでの軍事弾圧中に1,800人以上の民間人が殺害され、13,000人以上が逮捕された。

フランスのTotalEnergiesからBritishAmericanTobacco、Norway’s Telenorに至るまでの企業は、経済が減速し、権利グループからの圧力が高まるにつれて、スティックを上げてきました。

日本の飲料会社Girinは、軍所有の会社との合弁事業から事業を切り離そうとして失敗した後、ミャンマーを離れようとしています。

東京はミャンマーへの主要なドナーであり、政府は国の軍隊と長年の関係を持っています。

クーデター後、日本は、軍と警察の司令官に個人的な制裁を課すことをやめたが、すべての新しい援助を停止すると発表した。

READ  日本食レストランはワクチン源を使用してテストを始めています