2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の2035年のEV移行は気候変動対策に不十分かもしれない

日本の2035年のEV移行は気候変動対策に不十分かもしれない

福岡市—九州大学の研究者らは、2035年までにガソリン車の販売を終了し、ハイブリッド車や電気自動車に切り替えるという日本の現在の政策では、国内の二酸化炭素を削減するには十分ではないことを発見した。2 排出量とその脱炭素化目標が達成の妨げとなっている。 実際、排出量は一時的に増加する可能性があります。

パネルの分析は、日本政府が政策と並行して、クリーンエネルギー生産の増加、製造プロセスの脱炭素化、自動車寿命の延長に同時に取り組むべきであることを示している。

気候危機と闘うために、世界のほとんどの国がCOなどの温室効果ガスの生成を削減する政策を実施しています。2、日本も例外ではありません。 そのような政策の 1 つは、化石燃料で動く自動車の新規販売の禁止です。 同国は2035年までにガソリン車の新車販売を禁止し、それぞれEV、HVとFCV、電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池車のみを販売する方向で動いている。

これは正しい方向への動きではありますが、 賀川成実教授 九州大学経済学部が新論文で報告 クリーナー生産ジャーナル、 新しいガソリン車を禁止するだけでは、日本の脱炭素化目標を達成するには不十分かもしれない。

「私たちのチームは二酸化炭素の量に注目しました2 車はその生涯を通じて、地球から抽出された最初の資源から、それが破壊されるまで生産されます。 ライフサイクルで見たCO2またはLC-CO2「これにより、車の排出ガスをより広い視野で見ることができるようになります」と賀川氏は説明します。

同グループは、サプライチェーンの脱炭素化、国のエネルギーミックスの改善、自動車寿命の延長など、いくつかの政策ポイントを特定した。

「自動車の製造はエネルギーを大量に消費します。すべての建築資材は切断、加工、輸送、製造されなければなりません。そのプロセスのすべての部分で二酸化炭素が発生します。2」と香川氏は続けます。「EVの製造では、ガソリン車に比べて1.5~2倍の排出量が発生する可能性があります。 自動車メーカーがサプライチェーンの脱炭素化を行わずにEVの生産を拡大すれば、排出削減は停滞するだろう。」

日本のエネルギーミックスをより再生可能資源に移行することも、このプロセスの重要なステップです。 国のエネルギーミックスとは、発電に使用する燃料資源の割合です。 2020年までに、日本のエネルギーミックスは化石燃料が76%、再生可能エネルギーが20%になる予定です。 したがって、たとえ誰もがEVに切り替えたとしても、そのような車両の充電に必要なエネルギーは依然として化石燃料の排出につながります。

「日本の 2030 年のエネルギー構成は、化石燃料が 50%、再生可能エネルギーが 28% と予測されています。これでは LC-CO を十分に削減できません。2。 2035 年に始まる EV 政策は、CO の 10% または 290 万トンの削減に貢献することを目指しています。2 2050 年の自動車排出量の推移。 「この削減レベルはカーボンニュートラルな自動車社会を達成するには低すぎる。日本は国際エネルギー機関(IEA)が定める2050年までに化石燃料10%、再生可能エネルギー88%の比率を目指すべきだ」と香川氏は説明する。 当社のモデルは、さらに 10% の削減、つまり 340 万トンの CO2 削減の可能性を示しています。2日本が IEA ポリシーミックスに従った場合の 2050 年の自動車排出量について。」

最後に、EV であろうとガソリン車であろうと、自動車の寿命を延ばすことは、LC-CO の削減に大いに役立ちます。2。 日本の車の平均寿命は13年です。 研究チームのモデルでは、1993 年から 2050 年までに登録された自動車の平均寿命が 1 年延長された場合、累積 CO2 排出量を最大 9000 万トン削減できることが判明しました。2 国の排出量。 逆に、同じ期間内に車両の寿命が 1 年短縮されると、CO は減少します。2 排出量もほぼ同量増加する。

「車両の寿命を 10 年延ばすためにモデルを拡張したとき、CO 削減の可能性は2 排出量は600トンを超える可能性がある」と香川氏は言う。

研究チームは、彼らの分析が日本がこれらの政策を実施するよう促し、日本が気候危機と効果的に闘い続け、2050年までにカーボンニュートラルを目標にできることを期待している。

「数年間、車の運転を減らし、より長く運転することを試してみて、新車の代わりに中古車を購入することを検討してみてはいかがでしょうか」と賀川氏は結論づけています。 「しかし、政府はこれらのプログラムに魅力的な補助金を提供しなければならず、メーカーは車両の修理や買い替えを奨励するために努力しなければなりません。気候危機は複雑な問題であり、適切な政策は私たちにより良い未来をもたらすために大いに役立ちます。」

/公開。 このコンテンツは、発信元の組​​織/作成者による限定された性質のものである可能性があり、明確さ、スタイル、長さのために編集されている場合があります。 Mirage.News は企業の立場や側の立場を取るものではなく、ここで表明されるすべての意見、立場、結論は単に著者の見解にすぎません。 ここで全編視聴できます。

READ  マイク・リーのTwitterアカウント、日本による脅迫で一時停止 - ローリングストーン誌