12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の 20 年物国債利回りは 7 年ぶりの高値に達し、入札では需要が弱い

[東京 18日 ロイター] – 日本の20年物国債の利回りは火曜日、7年ぶりの低水準まで上昇した。

20 年物国債利回りは 2 ベーシス ポイント上昇して 1.125% となり、2015 年 9 月以来の高水準となった。

オークションの落札額は、前回の 2.89 倍から 3.26 倍に増加しました。 市場参加者は、テール (最低価格と平均価格の差) とその低入札価格に基づいて弱い影響を特定しました。

東海東京証券の佐野一彦ストラテジストは「結果は弱かった。利回りの動きの見通しを懸念する人もいた」と語った。

国内証券会社の別の市場参加者は、利回りに対する入札の影響は最小限であると述べた。

10 年物国債利回りは 0.250% で、日銀のイールドカーブ コントロール プログラムの下での政策範囲の上限でした。

2031 年満期の国債利回りは 9 月 28 日以来の最高値である月曜日の 0.310% に達し、日銀の目標ウィンドウから外れました。

30 年物国債利回りは 1.520% に達した後、1 ベーシス ポイント上昇して 1.515% となり、2015 年 6 月以来の高水準となった。

5 年物利回りは 0.5 ベーシス ポイント上昇して 0.095% になりました。

2 年物国債利回りは 0.5 ベーシス ポイント上昇して -0.050% になりました。

40年国債は取引されておらず、利回りは1.730%でした。

ベンチマークの 10 年物国債先物は 0.06 ポイント上昇して 148.26 で、取引高は 10,599 ロットでした。 (取材:藤田純子、東京マーケットコミッティ、編集:佐風亜嵐)

READ  コンピニは東京で禁止されている外国の新聞にとって便利なトピックになります