9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の高齢者の70%以上が7月末までに予防接種を受ける予定です。

日本では、65歳以上の人々の75%が少なくとも1回のCovid-19ワクチンの接種を受けており、そのほとんどは7月末までに完全にワクチン接種されると政府の統計は土曜日に示しました。

菅義偉首相が7月末までに予防接種を完了するという目標の下、4月に始まった約3,548万人の予防接種活動が加速しました。

しかし、政府が迅速に薬を調剤することができなかったため、65歳未満の人々にワクチンを拡大することには課題があります。

供給不足により、一部の市町村では予約の受付を制限せざるを得なくなり、企業や大学からの職場用ワクチンの新規申請は停止されました。

金曜日の時点で、政府の数字は、2,665万人、つまり高齢者の75.1パーセントが発砲を受けたことを示しています。

政府関係者によると、実際に最初のショットを受け取った高齢者の数は、65歳以上の医療従事者などの予防接種を受けたすべての人が含まれていなかったためです。

高齢者の予防接種に広く使用されている米国の製薬会社であるファイザー社の2回接種ワクチンの2回目の接種は、最初の3週間後に投与されるため、2,665万人のほとんどが月に完全に予防接種を受けると予想されます。

国立感染症研究所所長の脇田隆字氏は、高齢者の70〜80%が予防接種を受けられないことは、予防接種の動きが順調に進んでいることを示していると述べた。

「高齢者は(コロナウイルスの)リスクが高い。予防接種が困難な人の家に行くなど、高齢者の予防接種率を約90%に上げるためのさらなる努力がなされることを期待している。 「」 ヴァキタは言った。

スカ氏は、65歳未満の人々への予防接種を奨励し、11月までに日本での映像の受信を希望するすべての適格な人々への予防接種を終了すると述べた。

スカの最高のCOVID-19コンサルタントである尾身茂は、インドで最初に診断されたコロナウイルスの伝染性の高いデルタ変異体の蔓延による40代と50代の重度の症状を持つ患者の最近の増加に対して警告しました。

近江氏は、40歳から50歳までの人々に予防接種をすることは、将来の感染を制御するために重要であると述べました。

東京都は土曜日に950件の新しいコロナウイルスの症例を発表しました。これは1週間前に記録された21日以上です。

首都は、東京オリンピックの期間をカバーする月曜日から8月22日まで、新しいCOVID-19非常事態宣言の下に置かれます。

READ  日本のキャプテン吉田麻也が東京2020の観客禁止に疑問を呈した