3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の農水産物輸出額は2023年に1兆4500億円へ

日本の農水産物輸出額は2023年に1兆4500億円へ

米国と香港への輸出の増加に伴い中国本土への売上も増加し、日本の農林水産物・林産物の輸出額は2023年に2.9%増加し、過去最高の1兆4500億円(99億ドル)となったことが火曜日の政府統計で明らかになった。

11年連続で増加しているにもかかわらず、機能不全に陥った福島原子力発電所から処理された放射性廃水を排出する中国による日本産魚介類の輸入禁止措置の影響で、2022年の14.2%成長に比べると成長は大幅に鈍化した。 農林水産業

しかし、中国は引き続き日本にとって最大の輸出先であり、2023年には2,376億円相当の商品を購入し、前年比14.6%減となり、2011年以来初めて減少となった。

同国への水産物輸出は29.9%減と大幅に減少し、近年高い伸びを示しているホタテ貝は43.6%減となった。

しかし、米国へのホタテ貝の輸出は9月以降急激に拡大した。 坂本哲志農相は記者会見で、一部の輸出業者が自社製品の新たな市場開拓で順調に進んでいると述べた。

香港での春の見本市の後、アメリカとヨーロッパでの需要の高まりに支えられ、緑茶の売上が33.3%増加したのに対し、真珠の売上は92%増加しました。

中国の禁輸措置により、今年下半期の輸出は2022年の同時期と比べて2.9%減少した。 中国経済の減速により日本酒やウイスキーなどの酒類の販売も低迷した。

政府は農水産物の年間輸出額を2025年までに2兆円、2030年までに5兆円に増やす目標を掲げ、企業の新たな販路確立や流通体制の強化を支援している。

READ  Bitcoin Vault(BTCV)とESEがSkillzVault、最高のアマチュアゲーマーを探す「X-Factor」を開催