5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の裁判所は北朝鮮の再定住計画をめぐる訴訟を却下日本

東京の裁判所は、補償を求める5人の訴訟を却下しました 北朝鮮 彼らは、「地球上の楽園」に住むという平壌の誤った約束に触発された後、何十年もの間虐待であったと言った。

1959年から1984年に帰国計画で北朝鮮に行った韓国人と日本人を含む5人の原告は、違法な「請求」であると彼らが言うことについて1億円(今日は約625,000ポンド)を求めて2018年に訴訟を起こした。 そして予防」。

水曜日の判決で、東京地方裁判所は、日本政府が支援する本国送還計画は違法であると述べるのではなく、事件の管轄権に焦点を合わせた。

裁判所は、原告が1960年から1972年の間に北朝鮮を訪れ、訴訟を起こすまでに20年の期限を超えていたとして、この訴訟を却下した。

五十嵐明弘裁判官は、日本の裁判所は北朝鮮で彼らを「阻止」する管轄権を持っていないと述べた。

日本で生まれ育ち、1960年に北に移住した韓国人の川崎栄子さん(79)は、「泣きたい気分だ。 人権侵害に制限を課すべきではありません。

原告に出頭した福田健二弁護士は、「裁判所は事件に応じなかった」として訴えていると述べた。

福田氏は、裁判所は原告から提出された証拠のほとんどを受け入れたと述べた。これには、日本での北部の生活条件に関する国外追放や欺瞞的キャンペーンが含まれ、人権侵害をめぐる北朝鮮に対する訴訟につながった。

福田首相は、日本政府に対し、犠牲者を支援し、将来、北朝鮮に責任を負わせるために北朝鮮と会談するよう要請した。

日本が朝鮮半島に植民地化した際、数十万人の韓国人が鉱山や工場で強制的に日本にやって来ました。これは、日本と韓国の関係をさらに緊張させてきた過去です。 今日、約50万人の韓国人が日本に住んでおり、学校、仕事、そして日常生活において依然として差別に直面しています。

1959年、北朝鮮は朝鮮戦争で殺害された労働者を本国に送還し、外国人の韓国人を本国に送還するための大規模な第三国定住プログラムを開始した。 プログラムは1984年まで韓国からの採用を求め続けました。

日本政府、 彼らは韓国人を部外者として見ています、第三国定住プログラムを歓迎し、人々が北朝鮮に旅行するための手配を手伝った。 日本に住む約93,000人の韓国人とその家族が北朝鮮に対応して逃亡した。

原告は、彼らの多くが死んでいると信じているが、北朝鮮の彼らの子孫はまだ救出される必要があると主張している。 北部の移民促進グループによると、そのうち約150人が日本に帰国した。

原告は、北朝鮮が無料の医療、教育、仕事およびその他の利益を約束したが、帰還者のほとんどは鉱山、森林または農場で手動で働くように割り当てられたと述べた。

京都で生まれ育った川崎は、1960年に船が北上したとき17歳で、2003年に成長した子供たちを去るまでそこに拘留されていました。

原告は今でも北朝鮮の家族のことを気にかけている。 彼らは、2年前に感染症のために彼らとの接触を失ったと言います。

別の原告である齋藤博子さん(80)は、「北にまだ生きている日本人が帰国してくれることを願っている」と述べた。 彼女は1961年に韓国人の夫と女の赤ちゃんと一緒に北朝鮮に逃亡し、2001年に逃亡した。

READ  日本の高齢者を殺しますか? カンヌ映画はクールなアイデアを探求します