5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の漁村根室にとって、モスクワは生き残るための鍵を握っています

根室、日本、4月15日(ロイター)-日本の漁師、ハンサク・スルユキは、ソビエトの刑務所で10か月間服役した後、彼らの領土でロシア人が釣りをするために父親のボートに海で逮捕された後、高校を卒業しなかった。

日本北部の漁業の町根室に住む79歳のモスクワは、彼の家族が漁業と故郷の財産に影響を与えているため、まだ端にいます。

ウクライナでは日露関係が危機に瀕しているため、根室ほどの崩壊を感じた日本人コミュニティはありません。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

今回は、アムール川で漁獲された鮭や鮭を漁獲するための日本への配分を決定するための両国政府間の年次協議の運命が懸念されている。

いわゆるサーモントラウトの話し合いは1957年以前であり、通常は3月に終了します。これは、4月10日のグライドネット釣りシーズンの伝統的な開始よりずっと前のことです。 交渉は長い間唯一の外交チャネルであると言われてきました。 冷戦の試練の時でさえ、それは両国の間でした。

今年はまだ終わっていません。 日本政府と産業界は、この遅れは、ロシアによるウクライナ占領後の東京とその同盟国による制裁に対するモスクワの怒りの証であると述べている。

日本の漁業は、世界で最も豊かな漁場のいくつかである昆布や太平洋ザワークラウトなどの製品を含めるために、3回の年次協議のためにモスクワのテーブルを必要としています。

「釣りができなければ、ここに住むことはできない」と、現在太平洋ウィングを主に捕まえて運営しているハンサク氏は、今週、自宅でロイターに語った。

「それは私たちの生存の問題です。」

日本の排他的経済水域(EEZ)での鮭とマスの毎年のスライドネット釣りシーズンは、4月から6月まで続きます。 魚の所有権は相互の合意によるものであるため、日本は自国のEEZ内でも魚を捕獲するためにモスクワの許可を必要としています。

日本の閣僚は、金曜日に5日目に始まった会談について通知されていません。

日本とロシアは今年、日本の漁師が鮭とマスを漁獲するための割当量を設定するために交渉中です。

連動した歴史

北海道の東端にある人口24,000人の根室市の経済は、この地域の4つの島々をめぐる数十年にわたる紛争にもかかわらず、漁業とロシアの船の到着をロシアに大きく依存しています。

第二次世界大戦での日本の敗北に続いて、モスクワは根室から伸びる島々の支配権を握りました。そして、それは東京がまだ違法な占領と考えています。 日本北部のかつての住民の多くと、いわゆるロシア南部のクルレスは根室に定住しました。 日本とロシアが戦後の和平協定にまだ署名していない主な理由は、地域紛争です。

街のあちこちにロシアを思い起こさせるものがあります。キリル文字の道路標識と、争われている島々の返還を求める看板があります。 根室の主要港である花崎には、ウニ、カニ、昆布を地元の輸入業者に届けるためにロシアの船が定期的に到着しています。 流行の前に、ロシアの漁師がテレビやその他の品物を購入して家に持ち帰るために街に入るのを見ることができました。

半作は最高の根室デニソンです。

[1945年に父の戦争から戻ったとき、彼は2歳で、家族をシコタンからソビエト占領下の島の1つである根室に移しました。[1945இல்அவரதுதந்தைபோரிலிருந்துதிரும்பியபோது​​சோவியத்துகளால்கைப்பற்றப்பட்டதீவுகளில்ஒன்றானஷிகோடானிலிருந்துநெமுரோவிற்குதனதுகுடும்பத்தைமாற்றியபோதுஅவருக்குஇரண்டுவயது

半作は19歳で投獄された後、家業を引き受けた。 危険な仕事:冷戦中、日本の漁船は日常的に捕獲され、ソビエトはサハリン島で日本人の囚人だけを拘束し、ハンサクは父親と兄弟を含めて100人以上の囚人を収容したと主張しました。 1960年代初頭。

「それはすべて戦争によって引き起こされた悲劇の一部です」とハンサクは言いました。 「私たちはテーブルに食べ物を置くために釣りをしなければなりませんでした。あなたはその危険性について考えていませんでした。」

2016年のシーズン以来、ウラジーミルプチン大統領は、ロシアのEEZでのサケとマスのスライドネット釣りを禁止しています。 市と地方銀行の見積もりによると、漁場が減少したため、根室と隣接する2つの都市は来年2億ドルを受け取った。

「私の最大の懸念は、4つの交渉すべてが失敗することです」と、ロシアのグライドネット漁業禁止に続いて中央根室店で収益が30%減少した地元の魚屋である日向茂人さん(71)は言いました。

禁止まで四半世紀以上交渉を続けてきた半作(ロシアへの旅行は20回以上)は、鱒釣りを完全に諦めた人の一人だった。

現在、日本のEEZの漁場は、まだゲームに参加している人々にとっても危険にさらされています。 進行中の鮭鱒交渉で合意に達したが、ハンサクのサンマ貿易はモスクワに翻弄されている。

今年のサンマ釣りの条件は昨年末に合意されたが、ロシアは依然として許可証を発行する必要があるとハンサク氏は語った。 日本は先週、数人の外交官を追放し、ロシアの最恵国待遇を終了したため、許可の条件やその他の二国間協議は不確実である。

「漁業の消滅は理解できない」とハンサク氏は述べ、リークは日本の他の地域にも広がる可能性があると付け加えた。

「私たちがビジネスを失うと、それによって私たちの文化も失われます。繁栄なくして文化はありません。」

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ダニエル・ルシンクレポート、近藤喜文と久保信弘による追加レポート。 Sang-RonKimとRajuGopalakrishnanによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  「日本は買い国だ」と岸田首相はロンドン市に語った