12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の洋上風力発電は、大きな可能性を秘めた大きなチャンスを提供します

bp(LON:BP)、RWE Renewables、Equinor (OSLO:EQNR)、オルステッド(CPH:オルステッド)、シェル (LON:シェル)、および全エネルギー (LON:TTE)、東京で開催された Japan Wind Energy 2022 会議に出席する代表者は、エネルギー不足の日本における大規模な洋上風力発電の可能性に興奮しています。

実際、日本は長い間主要なエネルギー輸入国であり、化石燃料に大きく依存してきました。 しかし、政府は、この不確実な時代にエネルギー安全保障を強化し、2050 年の脱炭素化目標の達成を支援するために、国内の再生可能エネルギーの促進に引き続き取り組んでいます。

Global Wind Energy Council (GWEC) によると、日本には約 128 GW の固定底洋上風力発電のポテンシャルと 424 GW の浮体式洋上風力発電のポテンシャルがあります。 本質的に、 エナジーボイスが報じた 昨日、政府がウィンドサーフィン分野の首尾一貫した戦略計画を立てることができれば、日本はウィンドサーフィンの世界的リーダーになる大きな可能性を秘めています。

GWECは報告書で、「日本が風速の強い列島であり、陸上ではさらに強く安定していることを考えると、洋上風力発電の開発は再生可能エネルギーの供給を増やすために不可欠です」と述べています。 最新の世界の海洋風の見通し。 しかし、「巨大な風力発電の可能性にもかかわらず、日本には大規模な商用風力発電事業はありませんが、時代は変わりつつあります。」

日本は、2030 年までに 10 ギガワット (GW) の洋上風力発電容量、2040 年までに 30 ~ 45 GW の洋上風力発電容量を展開することを目指しています。 秋田能代初の商業用洋上風力発電所で、容量は 140MW で、先月 33 基のタービンすべてが正常に設置された後、今年稼働を開始します。 .

他の場所では、三菱主導のコンソーシアムが日本を支配した 初めての洋上風力発電の固定オークションは、昨年 12 月に記録的な低価格で行われました。 日本政府は、三菱が主導する 3 つのコンソーシアムを選択しました。これらのコンソーシアムは、日本北部の秋田と東京に近い千葉で合計 1.7 GW の発電容量を持っています。

三菱コンソーシアムはライバルよりもはるかに安価な電力を提供したが、その結果は、価格設定や短い実施スケジュールなど、入札の他の側面がいかに不明瞭であったかを強調し、一方で三菱の優位性が新しいセクターの持続可能な成長見通しについて懸念を引き起こした.

その結果、当局は現在、競争を促進し、洋上風力発電所をより迅速にオンライン化するために、2 回目のオークションに先立って規制環境と価格設定ポリシーを見直しています。 建設のためのより広範な競争を促進し、入札者が一度に複数のプロジェクトを落札する能力を制限する規則の草案は、今​​年後半に発表される予定です。

ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社の最高経営責任者である土井潔氏は、予想外の第 1 ラウンドの結果が多くの疑問を提起したと参加者に語った。 現在、ルールが改訂されているため、第 2 ラウンドへの進行は行き詰まっています。 「世界的な観点から見ると不確実に見えますが、進歩は見られます。第 1 ラウンドの結果が異なっていれば、より迅速だったでしょう」

海風の開発者は楽観的です

それにもかかわらず、BP のオフショア風力担当シニア バイス プレジデントである Matthias Bassenwein 氏は、BP は日本のオフショア風力発電の話で役割を果たすことに熱心であると代表団に語った。 彼は、規制の枠組みを合理化する必要があり、価格設定を明確にする必要があると指摘しました。 また、バウゼンワイン氏は、政府は価格設定だけでなく、持続可能な洋上風力発電産業の構築に注力すべきだと述べました。 取り組む必要があるその他の課題には、電力インフラの構築と、将来の洋上風力開発のための港湾インフラの改善が含まれます。

RWE Renewables のシニア バイス プレジデントである Jutta Dissen 氏は、RWE は、業界ウォッチャーが 2023 年に開催されると予想している日本の 2 回目のオークションに参加することを楽しみにしていると述べました。 同社はすでに国内に 60 ~ 70 人の従業員を抱えており、ヨーロッパからの経験を移転する準備ができています。 日本。 彼はまた、経済産業省(METI)が規制当局や開発者から意見を取り入れていることを指摘し、「明確さが鍵となるだろう」と付け加えた.

ただし、Dissen は、規制に関して非常に必要とされる確実性や、コストを削減するための競争力のあるサプライ チェーンを作成する必要性など、将来の課題を強調しました。 彼はまた、ヨーロッパや米国などの他の地域と比較して日本のプロジェクトの規模が小さいため、サプライヤーにとって日本の風力部門への投資は魅力的ではないと警告した.

実際、バウゼンヴァインが言ったように、日本は開発者とサプライチェーンの能力を構築するために、大規模なプロジェクトと開発の明確なパイプラインを必要としています。

© シャッターストック提供
横浜市主催の日本風力エネルギー会議2022

三井商船の風力エネルギー事業担当ゼネラルマネージャーである杉山正幸氏は、信頼できる国内サプライチェーンを開発する必要性を強調しました。特に、タービンなどの重いコンポーネントを輸送する場合、日本のオフショア輸送能力は洋上風力にサービスを提供するには不十分であるためです。 そして基礎。 さらなる投資が必要だ、と彼は言った。

Clarksons の再生可能エネルギー責任者である Frederic Andersen 氏は、日本のサプライ チェーンには大規模なマルチ GW 産業の保証が必要であると参加者に語りました。 彼は、議論はローカルなものであるが、業界はグローバルであると警告した。 彼は、アジアでのセクターの成長を待つ一方で、日本企業が地域的に考え、ヨーロッパのサプライチェーンに投資することを奨励しました。

Equinor のビジネス開発アジア担当バイスプレジデントである Lars Johannes Nordil 氏は、政府が最初のオークションから学んだことを吸収したことは、洋上風力発電を開発するための正しい動機と革新を示していると述べました。 彼はまた、開発者が面積とグリッドに十分にアクセスできるようにする必要があることを強調し、「歴史は、価値がある場合、サプライチェーンがそれに続くことを示しています.市場に機会があると判断した場合、彼らは自分自身を位置づけます.

Nordil 氏はまた、2011 年から 2012 年の洋上風力発電の成長に関して、アジアはヨーロッパとほぼ同じであると指摘しました。 彼は、今日の陸上風力発電や太陽光発電と比較して、洋上風力発電をより競争力のあるものにする産業の発展に英国当局がどのように力を入れているかを挙げました。 「日本でも同じドライブが長期的な産業を生み出す」。

日本のJERAで世界の洋上風力発電の責任者を務めるナタリー・ウースターリンク氏は、日本には「巨大な」可能性があるが、産業を発展させるには長期的な経済的ビジョンが鍵となり、規制を2年ごとに変更することはできないと語った。 基本的に、すべての開発者は、ビジネス プランは一貫性なしには開発できないことに同意しました。

Orsted の日本向け市場開発責任者である天草浩平氏は、日本はこの分野で FDI を呼び込みたいと考えていると述べた。 日本の電力市場はアジア太平洋地域で最大の市場の 1 つであるため、市場規模も魅力的であると彼は述べました。 「また、洋上風力発電プロジェクトを管理するための強力で信頼できる法律があり、日本は洋上風力発電の推進に真剣に取り組んでいます」と天草氏は語った。

しかし、「スピードとスケールが緊急に必要とされています。 政府はこの分野を加速し、大きなプロジェクトを優先すべきだ」と彼は付け加えた。

一方、TotalEnergies のオフショア風力アジアのマネージング ディレクターである Alban d’Hautefeuille 氏は、フランスの会社は過去 3 年間、日本市場に積極的に注目してきたと語った。 「TotalEnergies は日本への主要な LNG 供給者であるため、日本と再生可能エネルギーを探求することは理にかなっている」と彼は述べた。

日本の研究開発能力は、北アジアの特定の風力資源に切望されているイノベーションを提供するだろう、と彼は述べた。 「日本は国内だけでなく、地域的にも世界的にも基本的な役割を担っていると私たちは信じています。

例えば、日本は既存の浮体式風力概念に革新をもたらし、技術の産業化を支援できると多くの人が信じています。 これは、一般的にヨーロッパに比べて利用可能な深海が少ないアジアにとって重要です。

ジャパンシーブリーズの前向きな見通し

国際法律事務所 White & Case の再生可能エネルギーに焦点を当てたパートナーである Julian Pokopsa 氏は Energy Voice に、日本の洋上風力発電部門の見通しは非常に明るいと語った。 「日本には非常に強力な技術力を持つ人口がおり、その風力資源は世界でも有​​数のものであり、政府は安全保障が危険にさらされているときにエネルギー供給を保護するために何をすべきかを知っています。日本の明確で具体的な脱炭素目標に加えて、民間部門 – 世界中の開発者が日本市場に関心を持っています – 貢献に関心があります。

「日本は金利が低く、開発が進んでいるが資金調達が容易であり、これが成功へのもう1つの鍵です。全体として、私は彼らの洋上風力部門について楽観的ですが、時期はまだ不明です.2023年または2024年に開始すると予想しています.浮体式プロジェクトはオークションにかけられており、指数関数的に拡大するだろう」と東京を拠点とするポコプサは語った。

ただし、「投資家は、2 回目のオークション ラウンドだけでなく、2030 年以降の計画を立てる必要があります。 一方、政府は、サプライヤーが大規模プロジェクトの強力なパイプラインを必要とする、ますます競争が激化する市場の文脈で、他の国が何をしているかを注意深く見たいと思うかもしれません.

あなたへのおすすめ

READ  人民元建ての中国のソブリン証券を回避するための日本のGPIF