12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の民間部門の給与は2年連続で下落しています

日本のデータ

経済的および社会的活動


2020年までに、日本ではボーナスが大幅に減少し、政府による19の大流行により、民間部門の平均給与は2年連続で低下しました。 さらに深刻なことに、賃金は基本的に過去30年間と同じです。

国税庁の民間賃金調査によると、2020年の平均年収は8 4,331,000で、2年連続で前年比0.8%減となった。

給与と手当は0.7%増の3,685,000円でしたが、平均ボーナスは前年比8.1%減の6,646,000円でした。 さまざまな業界でボーナスが減少しましたが、特に宿泊施設や外食産業では、エピデミックの際に企業が短期間閉鎖または運営する必要があり、全体的に押し下げられました。

ボーナスは常に経済の影響を受けており、これは2009年の世界金融危機以来2番目に大きなボーナス削減率であり、前年比で13.2%減少しました。

正社員などの正社員とパートタイムや派遣社員などの非正規労働者の平均給与は13,195,000人と有意差がありました。 同様に、男性と女性の平均賃金の大きな差は32,396,000です。

2009年の急激な下落の後、平均賃金はゆっくりと回復し、2018年までに金融危機前のレベルに戻った。 しかし、過去30年間の長期統計によれば、1990年代後半のレベルにはまだ達していない。

職種や性別による平均給与のギャップ

によって作成された 日本.com 国税庁のデータに基づく。

(日本語訳。バナー写真©Pixta。)

雇用
給料
コロナウイルス
COVID-19(新型コロナウイルス感染症

READ  トヨタに対する訴訟は、企業の日本がどのように変化しているかを示しています