12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の核問題は地元の有権者の肩に重くのしかかる

先週の液化天然ガスの生産者と消費者の会議での基調講演で、国際エネルギー機関の事務局長は、おそらく無意識のうちに、日本の農村部の高齢者に驚くべき世界的な負担をかけました.

日本が大型原子炉を迅速に再稼働させれば、世界最大の LNG 輸入国である IEA の Fatih Birol 長官は、市場への輸出量を大幅に減らす必要があると述べた (Birol が提案した 100 億立方メートル)。 これにより、価格への圧力が緩和され、欧州は冬のエネルギー危機を乗り切るチャンスが得られます。

その場所で感じる。 そして、日本の岸田文夫首相が 8 月に皆を驚かせたように、議論の矛盾はすぐに役立つことが証明されるだろう。 加速する計画 10 を超える原子炉の再起動と新しい原子炉の建設を探索します。

理論的にはすべて良い。 しかし、地方でやるべきことはまだ山ほどあり、ブロルも岸田も、日本の古き宿敵である「失われた 10 年」のような強い綱引きがなくても考えることができる。

この概念は時に物議をかもしますが、最初に確認された日本人の「失われた 10 年」は経済的なものでした。 それは 1990 年の日本の株と資産の暴落という激動の危機に始まり、2000 年の銀行危機と不良債権危機の始まりで終わった。 その間の年月が「失われた」という意味で、多くの行動は一瞬でも防ぐことができたはずです。 大規模な復興の土台を築いた危機は、政策の麻痺、世論の反発、自己満足によって放棄されました。

2011年以降、似たようなことが起こっています。 福島原発事故は最初のショックでした。 その結果、日本の原子炉群全体が停止し、再稼働についての真剣な公開討論が行われ、その不測の事態に備えて最適な規制、技術、および財政環境を準備することが継続的に失敗しました。 10年後の今、日本は避けられないはずだった危機に直面している。

というのは、その相対的な政治的大胆さにもかかわらず、岸田の核再生の発表は間違いなく危機管理の行為であった. 2 つの主要な要因が、日本が 10 年にわたって原子力発電所の再稼働を先取りしてきたことの愚かさを暴露しました。 1 つ目は、政府、業界、一般の人々を本当に困惑させたもので、今年初めに東京が停電に近づいたことと、継続的な容量制限を考えるとリスクがどれほど高いかということでした。

2 つ目の要因は地政学です。 先週、ある日本の上級政治家が FT に説明したように、国は、他の場所で戦争を行った結果を感じるのに戦時状態にある必要はありません。 ロシアのウクライナ侵攻と LNG 市場への影響により、日本 (および他のすべての人) は、かつて世界的に取引されていた商品を戦略的商品として再定義することを余儀なくされました。

明らかな相殺は、大規模な原子力艦隊の利用可能性です。 過去 10 年間で、予防可能な問題が発生しました。 日本の失われた核の 10 年間の 4 つの側面が際立っており、その多くがこの問題に関する政治的混乱を引き起こしました。

第一に、再起動の安全性を証明する責任を負う規制機関は、迅速な再起動に対する十分な公的支援が期待されていない政治環境の中で、その仕事を遅々としてこなしていません。

第二に、政府は、民間の電力会社が安全性についてすべての責任を負うという体制に取って代わらなかった。これは、日本の原子力の未来の経済を弱体化させる束縛である。

過去 10 年間に解決できなかった 3 つ目の問題は、業界の上級幹部を信頼しており、日本の原子力技術者層が深いことです。 過去 10 年間で、新世代のエンジニアは、完全に再起動されたキャリア要求によって気化してしまいました。

しかし、この失われた 10 年間の全体的な影響は、政府、原子力産業、および一般市民の間の有意義な対話が存在するはずだった空白です。 世論調査は、大衆の恐怖や再開への支持が大きく変動していることを示している可能性があります。 しかし、危機にもかかわらず、抵抗は依然として高い可能性があります。 岸田氏の発表は国家的な議題となるが、再稼働は、再稼働自体が主要な選挙課題である地方の高齢化した州の地方知事によって決定される。

失われた 10 年間、日本はこれらの有権者に彼らが負っている巨大な責任を告げることを避けてきました。その責任は日本自身の自己満足から膨らんだのではなく、ブロルが指摘するように、今や世界的な意味合いを持っています。

leo.lewis@ft.com

READ  日本中国は排出量を満たすために再生可能エネルギーを増やすために進歩している東京EU日本