12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の東電リニューアブルズが英国の洋上風力発電会社を買収

東京(ロイター)-東京電力ホールディングスのユニットである東京電力リニューアブルパワーは水曜日、英国の浮体式洋上風力発電会社Flotation Energyを非公開の金額で100%買収すると発表した。

11 月 1 日に調印されたこの取引は、日本企業の海外風力発電への最初の株式投資であり、2030 年までに 6 ~ 7 ギガワット (GW) の新しい洋上風力および水力発電資産を建設する計画の一部です。 現在の発電容量は9.9GW。

2018年に設立され、スコットランドのエジンバラに拠点を置くFlotation Energyは、計画、調査、入札などの初期段階のプロジェクトに強みを持ち、英国で2つの洋上風力発電プロジェクト、TEPCO Renewablesを開発する優先交渉権を持っています。 声明。

英国の会社は、英国、アイルランド、台湾、日本、オーストラリアで合計容量 12 ギガワットの洋上風力発電所を開発する予定です。

Flotation Energy の浮体式洋上風力開発における経験と経験、およびそのグローバル ネットワークは、日本および海外における TEPCO Renewable の洋上風力発電事業の成長を加速させるのに役立つと、日本企業は述べています。

(大林由香による報告、Jason Neelyによる編集)

READ  日本のティーンエイジャーは、宇宙/野獣によって罰せられた女性と一緒にクールになろうとします