6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日経平均株価はテクノロジー株で2-1/2ヶ月ぶりの高値で取引を終える

日本の日経平均株価は2か月半の高値で取引を終え、テクノロジー業界の大物がウォール街の上昇を一夜にして追跡し、エネルギー株は堅調な石油価格で上昇しました。

日経平均株価は1.04%上昇して28,234.29で取引を終え、3月29日以来の最高値となった。 より広範なトピックは、1,969.98で1.18%増加しました。

大和証券のシニアストラテジスト、細井修二氏は、「日経は、前回のセッションで外国人投資家の移動平均200日を上回ったため、投資家はさらに賭けをするようになった」と述べた。

米国株はAppleやその他のテクノロジー株で一夜にして上昇しましたが、Target Corpの期待外れのマージン予測は、1日を通して小売株を圧迫しました。

日経平均株価は、空調メーカーのダイキン工業が3.63%上昇し、テクノロジー投資家のソフトバンクグループが2.45%上昇した。 医療サービスプラットフォームM3は5.61%増加し、ロボットメーカーのファナックは2.38%増加しました。

石油アナリストは、東京証券取引所の33の業界サブインデックスに4.7%を最も収益性の高いセクターとして追加しました。

東急不動産ホールディングスが4.31%上昇したのに対し、不動産株は2.82%上昇した。

米国財務省の利回りが低下した後、保険会社と銀行はそれぞれ0.91%と0.85%低下しました。

第一生命ホールディングスは2.16%の損失を出し、日経で最大の敗者の1つでした。

みずほフィナンシャルグループは1.46%減で、トップコア30の東証株価指数の中で最悪のパフォーマンスを示しました。

ユニクロのオーナーが今秋に一部の商品の価格を上げると言った後、それは速い小売業でほぼ同等でした。

日経平均株価の163フォワードは、59の下落に反対しました。

東京証券取引所のメイングループで取引された株式数は、過去30日間で平均13.4億株で、13.3億株でした。

(藤田淳子による報告; Uttaresh。V編集)

ロイター

READ  インドと日本のリサイクル活動のための廃車金鉱山