4月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日産は、コスト削減と世界販売拡大のために積極的な電動化推進を約束している

日本の日産は、コスト削減と世界販売拡大のために積極的な電動化推進を約束している

日産が電気自動車のラインアップを拡大し、より強力なバッテリーを開発し、プロセス全体を高速化しながら生産コストを削減する中、日本の自動車メーカーの社長は、2030年までの売上増加への道筋を「アーク」と呼んでいる。

内田誠最高経営責任者(CEO)は月曜、記者団に対し、「現在、自動車業界は価値観の変更を余儀なくされており、継続的な変化が新たな常態であると言える」と述べ、広範かつ野心的な事業計画の概要を述べた。

「日産は変わる必要がある。 同じ道をたどっても成功しないよ。」

同氏によると、電気モデルのコストは低下し、2030年度までにガソリンエンジンモデルと同等になる一方、その期間中に世界販売は100万台増加するという。

昨年、日産自動車は世界で約340万台の車両を販売し、前年比約5%増加した。

同社は今後3年間で30車種の新モデルを計画しており、そのうち16車種がEVとなる。 日産は、2024年度から2030年度までに34のEVモデルを発売する予定で、2026年度までに世界の販売台数の40%をEVが占め、10年末までに60%を占めるようになる。

コスト削減のため、日産は開発段階からサプライヤーと協力し、ロボット工学や人工知能を組み込む生産方法の改善、プラットフォームだけでなく部品の共通化を図る。 運転をより安全にするための自動運転車の革新を約束した。

東京の南西の港町、横浜に本拠を置く日産は、日本の中小企業メーカーである三菱自動車工業、中国の東風日産、フランスの自動車メーカールノーとの提携を含め、世界中で提携関係を強化する予定である。

今月初め、日産は日本のライバルであるホンダと電動化と人工知能に関する提携に向けて協議中であると発表した。

競合他社間のこのような関係は比較的珍しいが、アナリストらは、二酸化炭素排出量と持続可能性への懸念が高まる中、より持続可能な輸送に対する需要の高まりに対応する必要があると述べている。

日本No. 2 自動車メーカーの日産は初期の EV アダプターであり、2010 年後半にリーフ EV を発売しました。 近年、日本の自動車メーカーは米テスラやBYDなど中国メーカーの後塵を拝している。

日産を含む自動車メーカーは、パンデミック関連の混乱によりコンピューターチップやその他の部品の不足に見舞われている。

内田氏は、日産のEV、プラグイン、ハイブリッドの新製品は、米国、欧州、日本、その他のアジア、オーストラリア、アフリカを含む世界のすべての市場で増加すると述べた。

同氏は日産の目標について「アークプロジェクトは私たちの未来への道を示している。これは私たちの継続的な改善と、変化する市場状況をうまく乗り切る能力を示している。このプロジェクトにより、私たちは価値と競争力の向上という点でさらに速く進むことができるだろう」と述べた。

ホンダとの交渉発表を受けて今月初めに上昇した日産の株価は、内田氏の記者会見直前に2%下落して終了した。

___

影山優里はXに登場:https://twitter.com/yurikageyama

READ  禅と在宅勤務の芸術:日本のビルダーがミニオフィスキットを提供| 日本