2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の旅行・観光業界は長期にわたる制限にもかかわらずパンデミック前の回復に近づいている

日本の旅行・観光業界は長期にわたる制限にもかかわらずパンデミック前の回復に近づいている

日本の旅行・観光業界は長期にわたる制限にもかかわらずパンデミック前の回復に近づいている

2019 年のこのセクターの貢献はわずか 6.8% でしたが、2033 年には旅行と観光が 670 万近くの雇用を支えると予測されています

WTTC;

世界旅行観光評議会(WTTC)の2023年経済影響調査(EIR)は本日、日本の旅行・観光部門のGDP寄与度が今年2,855億ドル(37兆6,000億円)に達すると予測した。

この数字は、パンデミック前の2019年の最高額である3,065億ドル(40兆3,000億円)を6.8%下回っており、このセクターは年末までに経済全体の6.8%を占めることになる。

パンデミックの影響は日本でも2023年まで及ぶ可能性があるにもかかわらず、WTTCは今年約47万人の雇用が創出され、その数は560万人近くに達すると予測している。 これは、日本の12人に1人が直接的または間接的に旅行・観光業界で働いていることを意味します。

同部門の雇用はパンデミック前の水準に達するにはまだ30万人手前だが、今年末までに2019年を5.2%下回るにとどまるだろう。

今年の訪日外国人旅行者の支出は553.4%増加して168億米ドル(2兆2000億円)に達すると予想されているが、それでも2019年のピークを57.6%下回っている。

昨年を振り返って

昨年、この部門のGDPへの寄与度は50.5%増の2,570億ドル(33兆9,000億円)に達し、経済の6.2%を占めた。

この分野は、2022 年までに全国で前年比 510 万人近くの雇用が増加すると予測されており、これは日本全国の 13 人に 1 人の雇用に相当します。

長期にわたる渡航制限の影響が引き続きこの分野に影響を及ぼしているため、訪日外国人旅行者の支出は2022年に減少する見通しだ。 訪日外国人による支出は31%以上減少し、残りの93.5%は2019年を下回った。

昨年の国内旅行者の支出は61.6%増加し、2019年の水準にほぼ戻ったが、わずか0.2%の差だった。

WTTCのジュリア・シンプソン社長兼最高経営責任者(CEO)は「旅行と観光は日本の経済成長と雇用創出の重要な原動力である。住民が再び旅行を始めることで世界の旅行と観光産業が大幅に後押しされるとわれわれは予想している」と語った。

「この分野の経済波及効果は驚くべきものです。ツアーガイドやホテルスタッフから地元の職人や交通機関に至るまで、雇用の創出に拍車をかけています。

「待望の回復を達成するには、海外旅行が不可欠です。私たちは、旅行者を惹きつけ、快適さを確保する革新的な方法を見つけて、この分野を成長させ、支援する必要があります。そうすることで、私たちは経済を活性化するだけでなく、生計と地元を支援することもできます」コミュニティ。

株式会社JTB取締役会長の高橋博行氏は、「世界的に訪日需要が非常に高く成長しているため、当社は官民一体となって新たな観光地の開発に取り組んでいます。地方の能力」と述べた。 。

「アドベンチャーツーリズムは、これらの需要と課題に対処する革新的な原動力となるでしょう。
「持続可能性、革新性、そして忘れられない体験への取り組みにより、私たちは日本の旅行・観光業界の豊かな未来を思い描いています。」

JATの高城功社長兼最高経営責任者(CEO)は「政府の努力と旅行需要の回復のおかげで、国内線ターミナルの乗客数はパンデミック前の水準に回復した」と述べた。 この目覚ましい回復は、当セクターの回復力を示しています。

「課題はあるものの、羽田空港国際線ターミナルは今年末までに乗客数が1,800万人を超える見込みです。 目的地と輸送能力が増加し、インバウンド需要の増加が見込まれるため、2025 年までに乗客数は 2,500 万人を超えると予想されます。

「日本への重要な玄関口として、当社は新しい国際線施設と魅力的なビジネスアメニティにより乗客の体験を向上させることに全力で取り組んでいます。」

2022 年、訪日外国人旅行者のトップの出発地は韓国 (24%)、中国本土 (10%)、台湾、中国 (10%)、米国 (8%)、中国の香港 (7%) です。 )。

次の10年はどうなるでしょうか?

世界観光機関は、この分野のGDP寄与度が2033年までに3,534億ドル(46兆5,000億円)に増加し、日本経済の8%近くを占め、全国で670万人を雇用し、10人に1人が日本人居住者になると予測している。 畑で働きます。

アジア太平洋地域

2022 年、アジア太平洋地域の旅行・観光産業は地域経済に 1 兆 6000 億米ドルを貢献しましたが、これは 2019 年のピークに比べ 50% 遅れています。 WTTC は、2023 年のこの地域の GDP への貢献は 2 兆 6,000 億米ドルを超えると予測しています。これは 2019 年のピークをわずか 16% 下回っているだけです。

この部門では、2022年には地域全体で1億5,500万人以上の雇用が見込まれており、前年比870万人増となっているが、パンデミック前の水準からは15%遅れている。 WTTCは、この業界がパンデミックで失われた雇用を2024年末か2025年初めまでに完全に回復すると予測している。

READ  川上典子が日本の成長する「視聴者」の展覧会をキュレーション