4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の愛子さま(22)は、日本赤十字社での勤務を開始し、「社会人」としての第一歩を踏み出すことに「リラックスしている」と語った。

日本の愛子さま(22)は、日本赤十字社での勤務を開始し、「社会人」としての第一歩を踏み出すことに「リラックスしている」と語った。

天皇皇后両陛下の娘、愛子さまがきょうから港区の日本赤十字社に勤務された。

今朝、東京で日赤の外で記者団に語った22歳の彼は、「地域社会の一員として第一歩を踏み出すことができて、リラックスした気分だ」と語った。

日赤の青年・ボランティア部門に配属された王女は、ネイビーブルーのスカートスーツを着てエレガントに見えた。

彼女の控えめなAラインのスカートは膝下まであり、同じ生地の短いクロップド丈のネイビーのブレザーと組み合わせていました。

愛子さまは、上から下までボタンを外したさわやかな白のボタンダウンシャツと、黒のローヒールのシンプルなパンプスを合わせていた。

愛子さま(写真)はきょうから港区の日本赤十字社に勤務された。
徳仁天皇と雅子皇后の娘は東京の日本赤十字社の建物の外で写真に撮られている。
愛子(写真はメディアにお辞儀をする)は1月に日本赤十字社での活動を初めて発表した
王女は東京の赤十字社の建物の外で写真に撮られている
彼女は初日にスマートなネイビーのスカートスーツを着ることにしました
愛子さまは、スタイリッシュだが落ち着いたパンツスーツ、滑らかな低めのポニーテール、ノーメイクというシンプルな装いを貫いた。

彼女は装飾やその他のアクセサリーを付けずにシックな外観をシンプルに保ち、黒髪を滑らかなポニーテールにまとめました。

ロイヤルは1月に、大学を卒業したら赤十字社で働き始めると語った。

現在、覚修院大学で日本語と日本文学を専攻し修了しています。

徳仁天皇(63)と雅子皇后(60)の一人娘である愛子さま(22)は、最近の行動を通じて慈善活動への取り組みを示した。

赤十字社との契約上の役割は公務に影響を与えず、共同通信によると、同氏は両方を同時に行うつもりだという。

同協会が1月に発表した声明では「日本赤十字社の活動に携わることができてうれしく思う」と述べた。

さらに「同時に、自信もついた」と付け加えた。

日本の皇室はこの慈善団体と長い付き合いがあり、現在雅子皇后がこの団体の名誉会長を務めている。

覚修院妃女大学で日本語と日本文学を専攻し修了
日本赤十字社の門前で仕事を始める愛子さんの姿が写真に撮られている

愛子さんは「ずっと情熱を持っていた日本赤十字社で働けることをうれしく思うとともに、身の引き締まる思いです」と話した。

「社会の一員としての自覚を持って、これからも学び、頑張っていきたいと思います。」

「だから、たとえ小さなことでも、人や社会に役立つことができればと思っています。」

王女は私生活を維持します。

彼女は幼少期にいじめや不安障害を経験し、それが原因で学校を中退した。

READ  アジア株、インフレ懸念の中でドルは1年ぶりの高値