2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の従業員は2022年に有給休暇の取得を増やす

日本の従業員は2022年に有給休暇の取得を増やす

日本の労働者の有給休暇取得が進む中、政府が2025年までに取得率70%を目指す中、課題が浮上している。

日本の民間部門労働者は、2022 年に有給休暇の消化率をさらに高めました。 これは前年比 58.3% の増加に相当します。

このような進展にもかかわらず、政府は 2025 年までに 70% の稼働率を達成することを目指しており、課題は依然として残っています。 厚生労働省の調査によると、従業員1,000人以上の大企業の稼働率が最も高かった。 従業員数 30 ~ 99 人の中小企業の場合は 57.1% であるのに対し、65.6% です。

業界ごとのばらつきは明らかで、郵便局など複数のサービスを提供する企業が有給休暇取得率で74.8%と最多となっている一方、飲食・宿泊サービス部門は49.1%でそれに続いている。

この調査は、政府が「勤務間隔制度」と勤務間の固定時間を推進していることを浮き彫りにしている。 2025年までに企業の15%以上がこのシステムを導入するという目標にもかかわらず、導入した企業はわずか6%であり、政府の目標に合わせて改善の余地があることが示されている。 ジャパンタイムズ

こちらもお読みください: ワークライフバランス問題の解決に苦戦する日本

この最新のデータは、エクスペディアが4月に実施した別の調査結果に基づいており、有給休暇取得状況の国際比較において日本は米国を上回って下から2番目にランクされている。 この調査は16の国と地域を対象としており、労働文化を再形成しようとする日本の継続的な取り組みの世界的な背景を強調している。

READ  トレヴィーゾ : イタリアは、PlanetRugby で日本に勝利し、クラスを強調しました