5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の廃棄物のない都市である上勝町には、持続可能な未来への教訓があります

上勝町-日本の四国の山々にある約1,500人の住民が住む都市は、無駄のない生活への野心的な道を進んでいます。

2003年、コミカツは日本で初めてゼロウェイストを宣言した市町村になりました。 それ以来、市は、カーボンニュートラルを達成することを目的として、野焼き燃焼の慣行を廃棄物処理、購入、消費、廃棄に適応させてきました。 現在、市は2030年までにその目標を達成するために80%以上が軌道に乗っていると推定しています。

しかし、その規模の都市でさえ、炭素と廃棄物の中立性は高い水準にあります。 65歳以上の居住者の半数以上がいるため、農村コミュニティは急速に縮小しています。 市は製造業者と協力して、廃棄物と燃焼を減らすのに役立つよりリサイクル可能な材料の使用を奨励しています。

しかし、神風特攻隊とその住民が持続可能な生活について教えることはまだたくさんあり、彼らが従う活動の多くは大都市で測定することができます。

45の異なる方法でのリサイクル

ゼロウェイストセンターは、住民がゴミを45のカテゴリに分類できる市内のリサイクル施設です。紙のアイテムを個別に分類する方法は9つあり、残りは焼却炉の山に捨てることができます。 住民は汚れをきれいにして乾かし、リサイクルできるようにします。

市は、人々が環境に優しい製品と引き換えにリサイクルポイントを集めることができるインセンティブシステムを提供しています。 リサイクルされた材料からどのような新製品が作られるか、そして都市がごみを燃やすのではなくリサイクル会社と協力することによってどれだけお金を節約するかを示す兆候があります。 それは彼らに彼らの社会的責任を思い出させる方法です。

同センターの24歳の環境責任者である大塚桃奈氏は、「住民が協力することで、リサイクルにかかる費用も削減できるので、協力の資格が得られる」と語った。

リサイクル文化を広めるためには、1997年の日本法、都市や町への廃棄物のリサイクル力、住民の協力など、2つのことが重要だと述べた。

「達人くる」リサイクルショップ

ゼロウェイストセンターに接続されたリサイクルショップである地元の人々は、不要になったアイテムを降ろすことができるので、他の人は無料でそれらを受け取ることができます。 彼らがしなければならないのは、彼らが店から取っているアイテムの重さを量り、店が再び使用されたアイテムの量を追跡できるように元帳にその重さを記録することです。

1月だけでも、447キログラム(5 985)の商品が交換されました。未使用の電池や眼鏡などの小物から、家具、マタニティウェア、おもちゃまでです。 店内に番号が表示されます。

「ぐるぐる」(日本語では「ぐるぐる」)店は、アップサイクルされた素材で作られています。 寄贈されたお皿からガラスチップが床に取り付けられます。 互換性のない窓はすべて居住者の家から提供されます。 ガラス瓶で作られた大きなシャンデリアがあります。

「私たちは建築を通してゼロウェイストの概念を示すようにしています」と大塚製薬は言いました。

クラフトリカーとライフサークル

ライスアンドウィンブリューイングカンパニー。 2種類のゼロウェイストクラフトビールが醸造されています。これは、農作物の形が間違っているために公開できないために捨てられた農作物から作られています。 酒は、残り物を使用するためにさまざまな会社と協力しています。 お酒は捨てられた材料から作られています。

何年にもわたって、醸造所は醸造所から残りの穀物を寄付するための効率的な方法を見つけようとしてきました。 堆肥を作るのに長い時間がかかり、農民に肥料を提供するのに多くの労力を要しました。 そこで昨年、彼らは使用済みの穀物を液体肥料に変える方法を考案しました。液体肥料は、ビール用の大麦の栽培に使用されます。

「ようやくサーキュラーエコノミーシステムに到達しました」と店長の池曽亜希氏は語った。

一定の睡眠

ゼロ廃棄物センター施設の一部として2020年にホテルがオープンした理由は、疑問符の形で建てられています。なぜこれほど多くの廃棄物が発生するのでしょうか。 ホテルは森の中の人里離れた部屋のように感じられ、夜には星がプラネタリウムのように見えます。

各ゲストには、滞在中にゴミを分別するための6つのゴミ箱が提供されます。 エレガントな装飾は、デニムのスクラップで作られたパッチワークキルトやロープで作られたウォールディスプレイなど、すべて再利用可能な素材です。 家具はショールームモデルから回収されます。

ホテルはあなたが必要なものを使用することを主張します。 チェックイン時に、ゲストは石鹸バーを個別にカットして、滞在する必要のある石鹸の量を取得します。 コーヒー豆はゲストが望むカップの数に基づいて粉砕されるので、無駄になることはありません。

食品廃棄物の削減

上勝町民や企業は、可能な限り食品廃棄物の削減に取り組んでいます。 例えば、カフェポラスターでは、ごみを減らすために昼食に地元の野菜を使ったカレーを用意しています。

料理に使われている葉も、1986年からコミカツの緑豊かな森で作られた製品を販売している会社、ユーロトリから地元で作られています。 市内の154家族がこのプログラムに参加しており、主に70歳以上の女性が参加しています。 葉を取り、複雑なデザインを作成します。 その後、葉は日本や他のアジア諸国の高品質のスパ、ホテル、レストランに販売され、恒久的な装飾が施されます。

エロトリの最高経営責任者である横石朋郎は、次のように述べています。

ライドストックシステム

コミカツは、最寄りの徳島市から約1時間のところにあります。 市内のライドシェアリングシステムを利用して、東京を移動し、市内を移動し、空港に到着しました。 約40人が数台の車を共有しているため、住民や観客を運転することができます。 (市長も運転手として登録されています。)

この話について

PaulSchemeによるテキスト編集。 オリバー・ローランによる写真編集。 JasonAltogビデオ編集。 プロジェクト編集リームアコード。 AndrewProfordによる設計と開発。

READ  日本はサハリン2プロジェクトから撤退しません:岸田