2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の地震「奇跡」アリゾナ州の学校教師が22年ぶりに日本のホストファミリーと再会

日本の地震「奇跡」アリゾナ州の学校教師が22年ぶりに日本のホストファミリーと再会

2001年、日本のウウォスビーチでのアン・ハンソン

1月1日に日本のマグニチュード7.6の地震が発生した後、ベテランの学者アン・ハンセンは、震源地から遠く離れた沿岸都市大須に住む元ホストファミリーの運命を緊急に調べようとした。

何十年も前のメールアドレスが役に立たないと判明した後、アンさんはインターネットで魚津市の情報を検索し、市役所のウェブサイトにあるフォームに記入して魚津市に連絡を取るための独占禁止法違反の取り組みを行った。

すると奇跡が起こりました。 24時間も経たないうちに、22年間付き合っていた日本人ホストの京川明彦さんからメールが届いた。

明彦さんはアンにこの偶然について次のように語った。 もしその友人が注意を払っていなかったら、このやり取りは起こらなかったでしょう。

「オンラインの各ウィンドウに自分の情報を入力すると、明彦に連絡できる可能性が高いことがわかります」とアンさんはGNNに語った。 「でも、私は奇跡を信じていることも知り、美しいウウォスのコミュニティの事務所にいる誰かが時間をかけてウウォスの教師、京川明彦を探してくれるよう祈りました。」

彼女は主題を丹念に作り上げた フルブライト記念基金 卒業生の皆さん、彼は、プログラムを通じて相互理解を促進するために日本を訪れたすべてのアメリカ人教師に対して地域社会が敬意を感じていることを認識していました。

タイトル:「フルブライト記念基金2001 アン・ハンセンよりあなたと日本への祈り」

メッセージの中で彼は自分のホストを特定し、「親愛なるウウォスと、2001年以来私の最愛のFMFホストである清川明彦のご家族へ」と挨拶した。 そして、それらの詳細から、彼は愛するホストファミリーと再会しました。

「明彦さんの友人が私のメッセージを見てくださったことにとても感謝しています。 しかし、私と明彦にとって、再会は単なる偶然ではなく、奇跡でした」とアンは言います。

見る:第二次世界大戦終結時に養子縁組された二人の姉妹が、75年の歳月を経てついに再会

日本人女性とその親族は家を失ったが、災害からの良い知らせを報告した。

「幸いにも怪我はなく、命は助かりました」と彼は書いた。 「このような状況下で、アメリカから同情的なメッセージが届くとは予想していませんでした。 これはニュースになるべき本当に奇跡的な現象だと思います。 それを尊重したいと思います。」

30 年間の教育者、作家、そして奇跡の信者として、アンは私たちの電子再会についての明彦の解釈に同意しません。

「親愛なるホストがたまたまオフィスに友人が来ていて、私のメッセージを見て明彦さんに送ってくれたんです――そう! 本当の奇跡、そうです、これはニュースになるに値します。」

もう一つの奇跡: インターネットの力でミネアポリスの女性と数十年前に100ドルを寄付した難民を再び結びつける

READ  日本は熊本県で2023年に初の日本脳炎患者を報告