5月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の地方銀行の70%が2023年度に利益成長を見込む

日本の地方銀行の70%が2023年度に利益成長を見込む

経済

東京、5月14日(GGプレス)–日本の地方銀行の約70%が、新型コロナウイルス危機からの経済回復の中での旺盛な資金需要を反映し、2023年度に利益が増加した。

火曜日の時点で、合計73の上場地方銀行および銀行グループが3月終了年度の決算報告を発表した。 このうち、51社が増益を記録したが、これも株式売却によるキャピタルゲインの増加によるものである。

73社の純利益の合計は前年比3.3%増の約9739億円となった。

一方、銀行グループ傘下を含む地方銀行計91行のうち半数以上で与信関連費用が拡大し、インフレや人手不足に苦しむ中小企業に倒産の可能性が生じている。

また、国内外の金利上昇により、債券投資における損失も利益の伸びを抑制した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  第86回日米チップ協定交渉