5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の商社は商品価格の上昇に伴い利益見通しを引き上げる


FILE PHOTO:日本の商社三井物産のロゴ。 2018年1月10日、東京で見られます。REUTERS/花井徹

大林優香

東京(ロイター)-日本の三井物産、三菱商事、伊藤忠商事は木曜日、商品価格とエネルギー価格の上昇により、それぞれ年間利益を8000億円(70億ドル)以上に引き上げた。

丸紅に加えて、3つの商社は3月31日に終了する会計年度の純利益予測を記録的なレベルに引き上げました。 。

日本の商社は、世界のライバルと同じように、銅や石炭から液化天然ガス(LNG)までの主要な天然資源の価格が急騰したことで恩恵を受けてきました。

三井物産最高財務責任者の内田隆和氏は、「鉄鉱石と中国のフェロアロイ事業からの収益の増加、および原料炭価格の上昇が、上方修正の背後にあった」と述べた。 「より強い石油とガスの価格とLNG取引の堅調な業績も助けになりました。」

三井物産は3月31日までの当期純利益予想を17%増の8,400億円、三菱の指導は11%増の8,200億円、伊藤忠商事は9%増の8,200億円となった。 小規模な丸紅は、予想を14%増の4,000億円に引き上げた。

4月〜12月の純利益は、前年比281%、三菱が218%、三井が218%、伊藤忠商事が86%、丸紅が102%増加した。

世界的な供給の逼迫を反映して、4月から12月の原料炭の平均価格は前年同期から91%上昇し、鉄鉱石は72%上昇し、銅は50%上昇しました。

エネルギー市場も回復し、アジアのスポットLNGの平均価格は376%上昇し、一般炭は164%急上昇し、ブレント原油は82%上昇しました。

「資源価格の追い風を利用することができた」と三菱のCFO、増和一之氏は述べ、サーモンとトラウトの養殖と自動車販売も好調だったと付け加えた。

バラ色の結果と予測にもかかわらず、三菱、伊藤忠商事、三井物産の株価は発表後の木曜日に0.7%から2.7%の間で下落しました。

丸紅株のみが1.1%上昇し、1.1%下落したより広範なベンチマーク日経225を上回りました。

($ 1 = 114.6800円)

(大林由香による報告、ギャビン・マグワイアによる追加報告、エドモンド・ブレアによる編集)

(c)Copyright Thomson Reuters2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  第86回日米チップ協定交渉