12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の反延期ホテルでのコーヒー、紅茶、中毒

東京(ロイター)- 締め切りに直面している作家は、東京の「原稿執筆カフェ」に理解を持って行きます-彼らは仕事が終わるまで去ることができません。

ああ、彼らがフックダウンすることを確実にするためのトリガーがあります。

東京西部の清潔で明るい場所に、作家、編集者、漫画家、そして書かれた言葉やタイムラインに苦労している人のために10席が予約されています。 コーヒーと紅茶は無制限でセルフサービスで、高速WiFiとトークボードが各座席に設置されています。

顧客は、入力し、名前を書き留め、目標を書き留め、完了する予定の時間を書き留めます。 彼らはまた、彼らが働いているときに進捗チェックを求め、「軽い」支払いを完了したかどうかを尋ね、1時間ごとにチェックインするのが「通常」であるかどうかを尋ねることがあります。

「タフ」を選ぶ人は、後ろに立つことが多い従業員からの静かなプレッシャーを感じるでしょう。

オーナーの川井拓也さん(52)とある作家は、厳格なルールが人々の集中力を高めると信じていると語った。

原稿執筆カフェのオーナーである川井拓也さんは、お客様に目標が書かれた一枚の紙を見せてくれます。

キム・ギョンフン/ロイター

「カフェはソーシャルメディアで話題になっていて、ルールが怖い、後ろから見ているような気がします」と川井氏は、仕事を終えて去ったばかりの顧客の名前が書かれたボードを表示しました。

「しかし、実際に監視するのではなく、私は彼らをサポートするためにここにいます…その結果、彼らは3時間で完了するのに1日かかる、または通常3時間かかるタスクを完了すると考えていました。」

カフェの料金は、最初の30分間は130円($ 1.01)、その後は1時間あたり300円($ 2.34)です。 正式な完成時間を過ぎて滞在した人もいましたが、ようやく仕事が終わりました。

佐々木恵吾さん(37)とブロガーは、迷惑なソーシャルメディアや電話をなくす機会を望んでいると語った。

「書くことに集中するのは良いことです」と彼女は言い、3時間で3つのブログ記事を書くという彼女の目標を締めくくりました。

元々はライブストリームの場所だったカフェは、コロナウイルス感染の影響を大きく受けていましたが、カウアイ島は新しい形について口コミが広まり、現在は楽観的です。

「どのような作品が生まれるのかはわかりませんが、ここに書かれていることが世界中に公開されることを誇りに思います」と彼は語った。

上の写真:2022年4月21日に東京の原稿執筆カフェでプロジェクトに取り組んでいる顧客。 クレジット:KIM KYUNG-HOON/REUTERS。

READ  レンスターラグビー | ジャパンテストのアイルランド女子代表が発表されました