8月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の半導体出力はルネサスによって後押しされます

ルネサスエレクトロニクス日本最大の半導体メーカーの1つは、海外に工場を建設するのではなく、日本で国内生産を拡大することを計画しています。

柴田英利最高経営責任者(CEO)は、ヨーロッパと北米での原材料不足は、日本での生産を増やすよりも大きなリスクであると述べた。

日本で製造中 地震が発生しやすい柴田氏によると、ルネサスは自然災害の課題に対処する技術に投資しているという。

「フロントエンドの製造に関しては、ヨーロッパやアメリカのような地域に良い製品があるとは思わない」と柴田氏は語った。

彼は、ルネサスが近年買収した米国のチップ企業の従業員と会った後、シリコンバレーで話をしました。

フロントエンド製造は、ウェーハ上にチップを作成するプロセスです–シリコンの丸く磨かれたプレート。 その後、多くの場合、黒いプラスチックの封筒に入れて梱包するために送られます。

柴田氏によると、ルネサスには停電時に顧客に発行できるチップがあるという。

ルネサスは5月に、これまで閉鎖されていた日本の甲府工場に900億円(6億5000万ドル)を投資して、電力を管理する半導体であるパワーチップを製造するために改修すると発表した。

自動車用チップの主要サプライヤー

ルネサスは、トヨタや自動車部品会社のデンソーなどのパートナーとともに、自動車業界への主要なチップサプライヤーです。

柴田氏は、「世界中ですべてのニーズに対応できる十分な容量」がある一方で、電力管理チップと、大型トランジスタを備えたアナログおよびミックスドシグナル(アナログおよびデジタル)チップの深刻な不足が続いていると述べています。

一般に、トランジスタが小さいほど、半導体は高速で強力になります。 最新のスマートフォンには5ナノメートル(nm)のトランジスタを搭載したチップが搭載されていますが、自動車業界ではより成熟したテクノロジーが使用されており、多くの場合40nm以上です。

柴田氏は、ル​​ネサスの生産拡大は、その需要を満たすために40nm以上の技術に固執する可能性が高いと述べた。

しかし、同社は最新技術に近いチップを設計し続けており、自動車の顧客は、他のチップメーカーによって製造されたものの、販売された7nmチップのルネサスを販売したと彼は述べた。

  • ロイターのジョージ・ラッセルによる追加編集

続きを読む:

日本のルネサスは、EVデザインハブにおけるインドのTataElxyパートナーです。

日本のルネサスがAppleサプライヤーDialogを60億ドルで買収

日本の日本電産は供給の苦境の中でチップ購入を合理化します

ジョージラッセル

ジョージラッセルは、香港を拠点とするフリーランスのライター兼編集者です。 彼は1996年からアジアに住んでいます。 彼の作品は、フィナンシャルタイムズ、ウォールストリートジャーナル、ブルームバーグ、ニューヨークポスト、バラエティ、フォーブス、サウスチャイナモーニングポストに掲載されています。 。

READ  日本中のアーケードは閉鎖を続けていますが、これは悪いニュースです