8月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のワクチン未接種の若者の記録的なCovid感染数

日本は、パンデミックが始まって以来最大のコロナウイルスの発生を抑えるのに苦労しています。これは、完全にワクチン接種されていない子供やティーンエイジャーの感染率の上昇によるものです。

伝染性の高いBA.5オミクロンサブタイプの蔓延により、東京と都市で毎日記録的な数のCovid-19症例が発生しています。 日本先週初めて23万を超えました。

20歳未満の人々は、昨年8月の19%と比較して、7月に30%の新規感染を発症しました。 30歳未満の人々は、すべての新しい症例の半分以上を占めています。

世界保健機関によると、日本は7月18日から24日の週の間にアジア太平洋地域で最も多くの新規症例を報告し、韓国とオーストラリアがそれに続いた。

日本の若者の予防接種率が低いのは、東アジアの多くとは対照的です。 高齢者は置き去りにされます 残りの人々。

日本政府は、国の総人口の3分の1を占める65歳以上の市民のほとんどに予防接種を行うことに成功しています。

4番目のジャブは高齢者に配布されますが、子供と青年の間の取り込みははるかに遅く、12〜19歳の約33%が3回のショットを受けます。

5歳から11歳の子供のための予防接種プログラムは2月に始まり、その年齢層の約17パーセントだけが2回の接種を受けました。 政府はこのグループの3回目の接種を承認しておらず、二重ワクチン接種を受けた人々は3回ワクチン接種を受けた人々よりも感染のリスクが高いことが研究で示された後、専門家の間で懸念が生じています。

「最大の要因 [for the increase in cases] 子どもに予防接種をすることで進行が遅くなります」と鹿児島大学の感染症専門家である西淳一郎は言います。 「今では普及を止めるには遅すぎるように感じますが、長期的には、5〜11歳の子供には3回目のワクチン接種が不可欠です。」

西氏は、Covid症例の急増は、若年成人に対するワクチンプログラムの実施の遅れに加えて、流行の最初の波の間に感染した日本人が比較的少なかったためだと述べた。 日本では、米国では30%、英国では34%であるのに対し、Covidに感染している人は10%未満です。

保健省に助言する専門家委員会を率いる国立感染症研究所の所長である渡田隆二氏は、「全国で記録的な数が続くと予想している」と述べた。

このウイルスは、アジア最大の先進国で人々の日常生活に影響を及ぼし続けており、多くの人がマスクを着用し、店に入る前に手を消毒しています。

事件の増加にもかかわらず、政府は以前の波のように社会的および経済的活動に制限を課していません。 高齢者の間で症例が大幅に増加しているものの、Covidによる死亡および重症例の数は少ないため、これは重要です。

日本では、感染者のコロナウイルスによる死亡率は0.3%ですが、米国では1.1%、英国では0.8%です。 ジョンズホプキンス大学からのデータ

READ  財務省の利回りが低下するにつれてドルは下落し、オミクロン市場は最先端を維持します