2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のホリデーパーティー、カリフォルニア経由

日本のホリデーパーティー、カリフォルニア経由

シェフのシルバン・ミシマ・ブラケット氏が率いるサンフランシスコの居酒屋「リンタロウ」は来年で10周年を迎えるが、おいしい食事の場所がたくさんあり、素晴らしい食材が一年中手に入るこの州において、この店は今でも際立っている。 通りから隠れたレストランの中庭には、香りのよい果樹(柿 1 本と柚子 4 本を含む)が並び、メイン ダイニング ルームでは、檜のカウンターの後ろでシェフが鶏肉を焼いたり、光り輝く刺身を調理したりする様子を眺めることができます。 オープンキッチンで。 ブラケットさんは、カリフォルニア州バークレーにあるファーム・トゥ・テーブルのレストラン、シェ・パニースでシェフのアリス・ウォーターズ氏のもとで働き、最初は彼女のアシスタントとして、次にクリエイティブディレクターとして働き、その後自分のレストランをオープンしました。材料。 それらを通じた食品への利用 母親の故郷である日本の食べ物。

日本の伝統の中でも、りんたろうは、典型的な日本の正月料理が入った手作りの杉の重箱であるおせち弁当を支持しています。 毎年12月に地元で 休暇の注文は事前に行うことができ、塩漬けスチールヘッド トラウトの卵やサンタ バーバラのスポット シュリンプなどの珍味を含めることができます。 しかし、2022 年末、凛太郎のスタッフが箱の最後の仕上げをしていたとき、洪水がレストランを押し流してしまいました。 ブラケット氏と彼のチームは準備に1週間近くかかる貴重な弁当が破壊されただけでなく、レストランも大きな被害を受けた。 (リンダロは改修のため休業を経て、2月に再開)

2023 年の劇的なスタートを受けて、ブロケット氏とその妻で書籍出版社のジェニー・ワプナー氏は、今年は静かな新年のお祝いをすることを選択しました。 ブラケットと母親は、一般向けの弁当を作る代わりに、オークランドにあるブラケット&ワプナーズ・クラフツマン・バンガローで家族や親しい友人のために特別な食事を作りました。 日本とカリフォルニア(ブラケット氏はよく「日本の西部」と呼んでいる)の食材、ハーフムーンベイ産のわさび、ワトソンビルにある日本人経営の農場で採れた野菜を使って、二人は十数品の料理を含むごちそうを用意した。 日本のお正月の定番と家族のお気に入りを組み合わせたもの。 その日は子供たちによる活発なプレゼント交換で始まり、夕方まで同じエネルギーが続きました。 夕食後、ブラケットさんとワプナーさんの息子は、残った独立記念日の花火に火をつけようと提案した。

参加者: シルバン・ミシマ・ブラケットさん(48歳)とジェニー・ワプナーさん(46歳)、子供たちルイさん(10歳)とベラさん(5歳)と一緒に ブラケットさんの母親、ブラケット敏子さん(70歳)。 彼の妹で写真家のアヤ・ブラケットさん(45歳)、夫で映画・コマーシャル監督のコーリー・クリーシーさん、そして二人の子供たち、ミアさん(9歳)とニコさん(4歳)。 リンタロウのゼネラルマネージャーであるヴァージニア・ハルナ・ワンさん(38)と、彼女のボーイフレンドでアートディレクター兼デザイナーのオースティン・ロングさん(34)。

机: 家の板張りのダイニング ルームの長テーブルで、シルバン ミシマ ブラケット eBay や日本のリサイクル ショップやフリー マーケットから集めたヴィンテージの青と白の磁器の日本の皿を使って、家族スタイルのごちそうが提供されました。 彼はまた、日本の有名な陶芸村である町子の1960年代の日本のデッドストックの陶板や木製漆のボウル、そしてワプナーさんの義理の妹でニューヨークを拠点とするスズキ・セラミックス社のスズキ・セラミックス社が作ったソックス・カップも使用した。 ワプナー自身は、キンカンの木の枝と香り高く咲くアカシアで季節の花をアレンジメントし、大きな銅製のボウルに入れて暖炉の上に飾りました。

食べ物: 元旦は日本最大の祝日であり、新年(おせち)の食事の起源は数千年前に遡り、伝統的に健康と幸運をもたらすと言われている食べ物が含まれています。 ほとんどの食品は事前に調理されるため、砂糖、塩、または酢で保存された食材が含まれています。たとえば、野菜の漬物、魚の保存品、砂糖シロップで煮た甘い黒豆などです。 「日本では、現代のお七はローストビーフ、ハム、チーズ、高級ソーセージ、ミニビーフウェリントンなど、あらゆる種類の特別な日の料理であることが多いです」とブラケット氏は言う。 「でも、伝統的な食べ物も必ず含まれています。それが大晦日にやることだからです。」

ブラケットさんと母親が2日間かけて用意した食事は、お雑煮(柚子の皮風味のだし汁に餅を焼いた正月の汁物)から始まった。 彼はサンタバーバラ特製のイセエビ、たし巻き卵、PKマグロの刺身を用意してくれました。 また、としこさんが休日にいつも作っている、とろとろの甘さのマーマレードチキンもメニューにあります。 ハルナ・ワンさんはデザートに、カリフォルニア州エルセリートにある母親の庭から柑橘系の果物が入ったユズライムバーを持ってきました。

ドリンク: ゲストが到着すると、ブラケットとワプナーは大人にはランブルスコとシャンパンを、子供には日本のメロンクリームソーダを提供しました。 年長さんたちは食事とともに、大金長純米の七酒を飲みました。 しらたき酒 湯沢のハルナワンさんが最近の日本旅行から持ち帰ってきました。

音楽: ハルナはフォン・リンタロウのプレイリストをキュレートしており、彼女のサイトで見つけることができます。 Spotify プロフィール、そして彼女は食事のために音楽も選びました。 「カリフォルニアと日本からの補完的な食材を取り入れ、レストランの雰囲気と共鳴するアーティストの組み合わせを加えるよう努めています」と彼は言います。 「アイスラーズ・セット、シャノン・アンド・ザ・クラムス、ジェシカ・プラット、ソニー・アンド・ザ・サンセッツ、ザ・ペーパーカッツなど、ベイエリアにはたくさんのバンドがいるし、日本のアーティストではゆらゆら帝国、坂本慎太郎、高橋幸宏、細野晴美、細野恋人。 マテオ」

ブラケットトシコのマーマレードチキンのレシピ(りんたろーの料理本から抜粋): 大きな重いフライパンに大さじ2杯の植物油または別の中性油を入れて中強火で加熱します。 油が熱くなったら、チキンドラムメット16個(約450g)を加え、両面がきつね色になるまで約7分間揚げます。 食用油1カップとうずぐち醤油1/2カップを注ぎ、みじん切りにしたニンニク4片とオレンジマーマレード1カップを加えて手羽元にまぶすように混ぜます。 火を中弱火にして、最初は時々かき混ぜながら、ソースが焦げるのを防ぐために時々かき混ぜながら、ソースに艶が出て鶏肉に火が通るまで、約30分間煮ます。 温かい状態または室温でお召し上がりください。

READ  福音映画10億円が興行収入を上回った