6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のハイテク投資家ソフトバンク、2年連続の赤字に転落

日本のハイテク投資家ソフトバンク、2年連続の赤字に転落

日本のテクノロジー投資家ソフトバンクグループは木曜日、終了したばかりの会計年度で9,700億円(70億ドル)の損失を報告し、2年連続の赤字となった。

東京に拠点を置くソフトバンクグループ株式会社前年度は1.7兆円(130億ドル)の損失を計上した。

最新の業績は、ハイテク株の世界的な下落の中で、ソフトバンク・ビジョン・ファンドとして知られる同社の投資で多額の損失が発生したことによるものだ。

中国の電子商取引大手アリババの取引による利益は投資損失をカバーするのに十分ではないと同社は声明で述べた。

3月終了年度の売上高は前年度比6%増の6兆5700億円(490億ドル)となった。

ソフトバンクはウーバー、ドアダッシュ、Tモバイル、アームなど幅広い企業に投資している。 しかしソフトバンクは、米国の銀行危機やロシアのウクライナ侵攻など経済不確実性の時期に自社株が下落したと述べた。

アップルのiPhoneを日本で初めて提供した同社は、投資判断をより慎重に見直し、負債を削減すると述べ、決算説明会で「セキュリティ」という言葉を繰り返し強調した。

ソフトバンクは投資の一部を現金化することを約束しており、アームは新規株式公開を計画していると述べている。

ソフトバンクは、地政学リスクが依然として懸念されており、インフレやその他の要因が市場のさらなる下落を引き起こす可能性があると述べた。 しかし同社は、これまでと同様、人工知能、バイオテクノロジー、メタウェア、ロボティクスなどの技術革新への投資は正しい軌道に乗っていると主張した。

ソフトバンクのカリスマ創業者兼最高経営責任者(CEO)である孫正義氏は、カリフォルニア大学バークレー校を卒業しており、インターネットビジネスの考えが日本に広まるずっと前に、インターネットビジネスを最初に信じた一人だった。

ソフトバンクは収益予想を明らかにしなかった。

___

影山ゆりさんのTwitterはこちら https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本軍第731条による残虐行為を暴露した森村誠一氏が90歳で死去した。