6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のインフレ率は 17 か月ぶりの高水準に達し、企業の倒産に拍車がかかり続けています

日本のインフレ率は 17 か月ぶりの高水準に達し、企業の倒産に拍車がかかり続けています

ここ数ヶ月、円安と資源価格の上昇の影響により、日本の必需品価格は上昇を続けています。 一方、企業がコストの上昇に苦しむ中、日本の企業の倒産数は10か月連続で増加しています。

データによると 公開済み 日本の総務省は 2 月 24 日、2020 年に 100 だった日本の消費者物価指数 (CPI) が 1 月には 104.3 に上昇したと発表した。 17か月連続で増加しています。

1 月の指数は前年比で 4.2% 上昇し、日銀の目標上昇率である 2% の 2 倍以上になりました。

カテゴリー別では、保存食の価格が前年比7.4%上昇し、全体の価格水準をもたらした。 食用油の価格は前年比で 31.7% 上昇し、牛乳は 10% 上昇し、エネルギー関連の価格は 14.6% 上昇しました。 ニッキー・アジア 報告。

2 月 25 日のエポック タイムズ紙のインタビューで、日本の政治評論家である安田健一氏は、日本の商品価格は 2023 年も上昇し続けると予測しました。 食料品、食料品、電化製品、燃料から、食事や娯楽まで、「何でも揃う。アップする」と安田氏は語った。

また、人件費と物流コストが増加している、と彼は言いました。 主な理由は、世界的な需要の増加と、ロシアとウクライナの紛争による燃料や資源などの原材料の価格の上昇です。

一方、原油価格の上昇により、物流や梱包材のコストが上昇しています。

一般的なデータ 日本のコア・インフレ率(商品とサービスの価格変動から食料とエネルギーを差し引いたもの)は、昨年2月と3月にそれぞれわずか0.6%と0.8%でした。 しかし、日本のコアインフレ率は昨年 4 月に 2.1% に上昇し、上昇を続けています。 昨年 10 月の 3.6% から今年の 1 月には 4.2% に上昇しました。

安田氏は、円安も物価上昇のもう一つの要因だと述べた。

ドルに対する平均為替レートはおよそ 1~110 2022 年以前。 しかし、2022年に入ってから徐々に円安。 今年2月、ドルの対円レートは上昇し、1対136前後に達した.

日本は燃料や原材料の多くを輸入に依存しているため、円安は輸入コストを増加させ、日用品や工業原材料の価格の上昇につながります。

安田氏は、燃料価格の上昇と円安がしばらく続くと考えており、インフレのピークに達していないことを示しています。

企業倒産の増加

円安と生産コストの上昇により、日本でも企業の倒産が増加している。

データによると 公開済み 2月8日、信用調査機関の東京商号リサーチは、570件の企業倒産(負債1000万円、約7万4000ドル)を報告し、前年同期より26.1%増加した。 .

このうち、債務が5000万円(約37万ドル)未満の倒産企業が6割を占める。 日本の企業倒産件数は10カ月連続で増加した。 一方、4カ月連続で倒産申告はすべて中小企業。

倒産件数が最も多いのはサービス業で、建設業、小売業、製造業がそれに続く。 その中で、製造業が最も顕著な成長を遂げ、前年比で 76% 増加しました。

原材料価格の上昇にもかかわらず、安田氏は、多くの企業が経験した価格上昇が顧客に転嫁されていないと述べた。 値上げが売上の減少と顧客の喪失につながることを恐れて、企業は価格をできるだけ低く維持するか、わずかに少ない部分で同じ価格を維持しました.

しかし、ますます多くの企業がコストの上昇に耐えられず、最終的に製品の価格を引き上げなければなりませんでした。

日経アジアが1月に日本、中国、韓国のメディアによって実施された共同調査によると、日本の企業の96%近くが、日本の商品価格が上昇し続けると考えていた。 報告.

Sean Cheng がこのレポートに貢献しました。

READ  日本は6月に観光を再開します。 今は観光をまとめただけです