6月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のはやぶさ2プローブによって収集された小惑星サンプルでアミノ酸が見つかりました

日本のはやぶさ2プローブによって収集された小惑星サンプルでアミノ酸が見つかりました

月曜日、政府関係者は、2020年後半に小惑星から地球に持ち込まれた日本の宇宙探査機「はやぶさ2」のサンプルから20種類以上のアミノ酸が検出され、有機化合物の存在を初めて示したと発表しました。宇宙の小惑星に。

教育省によると、すべての生物がタンパク質を作るのに必要なアミノ酸があれば、この発見は生命の起源を理解するための手がかりになる可能性があるという。

2020年12月、はやぶさ2が6年間のミッションで運んだカプセルは、3億キロ以上離れた小惑星リュウグウから5.4グラム以上の表面物質を地球に運びました。

2019年11月に「はやぶさ2」で撮影された小惑星リュウグウのファイル写真(写真提供:JAXA)(共同通信)

リュウグウの探査機は、太陽系の起源と生命の謎を解き明かすことを目的としています。 サンプルの以前の分析は、水と有機物の存在を示しました。

サンプルの完全な調査は、宇宙航空研究開発機構と東京大学や広島大学を含む全国の研究機関によって2021年に開始されました。

アミノ酸がどのようにして古代の地球に到達したかは不明ですが、1つの理論は、それらが隕石によってもたらされ、アミノ酸が地球上で発見された隕石で発見されたというものです。 しかし、それらが地面に固定されている可能性もあります。

地球に到達した隕石は、大気圏に衝突すると燃え尽き、すぐに陸生微生物に汚染されます。

ファイル画像は、小惑星リュウグウからはやぶさ2宇宙探査機によって地球に持ち込まれたサンプルを示しています。 (JAXAの画像クレジット)(共同通信)

はやぶさ2は、太陽光や宇宙線の影響を受けない地下物質を収集し、外気にさらすことなく地球に輸送するパイオニアでした。

横浜国立大学の宇宙生物学名誉教授である小林健生氏は、地球外生命体での複数の種類のアミノ酸の前例のない発見は、地球外生命の存在を示している可能性があると述べた。

宇宙航空研究開発機構の「はやぶさ2」宇宙探査機から小惑星サンプルを地球に送るために使用されたカプセルが、2021年3月12日、神奈川県相模原市立博物館で公開されました。

彼は、「小惑星から地球の内部にアミノ酸の存在を証明することは、化合物が宇宙から地球に到達する可能性を高める」と述べた。

これはまた、アミノ酸が他の惑星や衛星で見つかる可能性が高いことを意味し、小林氏は「生命は宇宙の以前考えられていたよりも多くの場所で生まれた可能性がある」と付け加えた。

はやぶさ2は、2014年に地球を離れ、3年以上にわたって太陽周回軌道を32億キロメートル移動した後、2018年6月にリュウグウ上空の固定位置に到達しました。

プローブは翌年に2回小惑星に着陸し、小惑星から史上初の地下サンプルを収集しました。


関連するカバレッジ:

JAXAは来春、小惑星に関する「大きな発見」を発表


READ  地震! ガイア宇宙船は、これまでの最も詳細な天の川の調査で奇妙な星を見ています