7月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本におけるハイブリッドブリマグロの需要は引き続き拡大

日本におけるハイブリッドブリマグロの需要は引き続き拡大

大阪府東大阪市の近畿大学が2017年に開発したブリマグロの交配種「プリハラ」の人気が日本でも高まり始め、全国のスーパーや寿司店での売り上げが大幅に伸びている。

プリハラはメスの「プリ」またはブリマグロの子供です(Ceriola quinquradiata)と雄の「ヒラマサ」またはブリカンパチ(セリオラ・ラランディ)は、持続可能な水産養殖と水産物を促進するために6年前に達した合意の副産物です。 130店舗を展開するスーパーマーケットチェーン「ベイシア」との間で取り決め。 近畿大学の関連会社である株式会社食N。 大学はすぐにハイブリッドの創設につながりました。

開発後、ベイシアは店頭でのプリヒラの提供を開始し、2018年に1,000匹から始まり、2019年に15,000匹、2020年に20,000匹、2021年に50,000匹と増やした。 今年、ベイシアは販売量を80匹から00匹に拡大。

ベイシア氏は「人工種苗で育てた魚種を積極的に販売することで、食品ロスの削減や水産資源の保護といった環境に優しい取り組みに貢献したい」と述べた。

プリは脂がのっていて旨味が濃厚です。 しかし、肉は柔らかく、筋肉の黒い部分はすぐに変色します。 一方、平匡は、よりマイルドな味わいで、脂肪分が少なくサクサクした食感があり、変色しにくいのが特徴です。 ハイブリッドプリヒラは、プリの豊かな風味とヒラマーザのサクサク感と色持ちを組み合わせたものです。

このような交配は自然界で時々発生しますが、商業化するには非常にまれです。 同大学は、2匹の母魚の独特の風味を生かして「プリハラ」という名前をブランドとして登録した。

近大が出場するのは今回が初めてではない 魚の生産実験を行った。 実はこの大学は有名なことで…

写真提供:株式会社ベイシア

READ  日本の東京は、近所の放送局の半緊急事態に重きを置いています