7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本と韓国が緊迫した時期にアプリを巡って争っている

日本と韓国が緊迫した時期にアプリを巡って争っている

日本と韓国の有名企業2社が2019年に設立した合弁事業は、外交関係の下での協力の先駆けとして歓迎されている。

韓国のネイバーと日本のソフトバンクグループの幹部らは、日本で人気の韓国製メッセージアプリ「LINE」の運営会社を共同所有していると述べた。 彼らはこのプロジェクトに、コラボレーションを強調するコード名「Kia」を付けました。

5年が経ち、日本と韓国は長年にわたる歴史的緊張の緩和において大きな進展を遂げた。 しかし、ネイバーとソフトバンクのベンチャー企業の所有権をめぐって亀裂が生じており、外交官や国際関係専門家らは、両国関係が再び緊張する可能性があると懸念している。

アジアにおける米国の主要同盟国である日本と韓国には重要な歴史がある。 日本は1910年から1945年の第二次世界大戦での日本の降伏まで韓国を植民地化し、日本と韓国は領土や地政学的違いをめぐって頻繁に争いました。

「過去に何度も見てきたように、日本と韓国の関係は変化しており、戦時下であろうと現代であろうと、小さな緊張点が安全保障と外交により広範囲に影響を与える可能性がある」と地方行政職員の竹内麻衣子氏は語った。 ニューヨークに本拠を置き、国際安全保障問題について各国政府に助言を行う団体、CCSIのディレクター。

竹内氏は、北朝鮮の核拡散と地域の不安定化に対する懸念により株価が上昇していると述べた。 同氏は「米国などからは、日韓の良好な関係を維持することがこれまで以上に重要だという強い見方がある」と述べた。

論争の中心となっているメッセージングプラットフォームであるLINEは、韓国の大手検索エンジンの運営会社であるネイバーによって2011年に日本で開始された。 同年の東北地方の地震と津波の後、日本で電話回線が寸断されたとき、LINE によりユーザーはインターネット接続を介して通信できるようになりました。

それ以来、表情豊かなウサギやクマをフィーチャーした画面上のステッカーで知られる Line は、日本で最も人気のあるメッセージング アプリとなり、数億人のユーザーを獲得し、タイ、台湾、インドネシアにも進出しています。

2019年、ソフトバンク創業者の孫正義氏とネイバー共同創業者イ・ヘジン氏は、LINEを間接的に運営する折半出資の合弁会社を設立することで合意した。 日韓関係が歴史的に最悪だった時期に、報道ではこの協定を「スン・リー同盟」と呼んだ。

その前年、韓国最高裁判所は数社の日本企業に対し、第二次世界大戦中に工場で強制労働を強いられた韓国人に賠償金を支払うよう命じた。 日本は2019年の司法命令に応え、韓国の半導体産業に不可欠な化学物質の輸出制限を課した。

各国の首脳は発言せず、情報共有協定を打ち切るという話もあった。 これは、中国と北朝鮮の挑戦に対抗するために日本と韓国を協力させようとしていた米国にとって大きな問題であった。

しかし、その後、韓国と日本の関係は大きく改善した。 2023年3月、韓国の尹錫悦大統領は政府主導の基金からの資金を活用して元強制労働者に補償する計画を発表した。 その月後半、Mr. 日本が半導体材料の輸出規制を解除した後、尹氏は日本の岸田文雄首相と1対1で会談したが、このような会談は12年ぶりだった。

しかし昨年末、ネイバーとソフトバンクの取り組みに亀裂が入り始めた。

LINEの運営会社であるLY Corporationは11月、第三者がNaverのクラウドストレージシステムを通じて同社のシステムに不正アクセスしたと発表した。 一方、日本の逓信省は、ネイバーに対し合弁事業の株式を売却するよう命じたと広く解釈される曖昧な声明を発表した。

この動きは韓国で大騒ぎを引き起こした。 一部のアナリストや政治家は、これを日本が政治的圧力を利用して韓国最大手企業の一つであるネイバーを弱体化させようとする試みであると解釈した。 ネイバーの労働組合はいかなる売却にも反対すると述べ、同社のチェ・スヨン最高経営責任者(CEO)は日本政府の命令は「極めて異例」だと述べた。

社説 先月、韓国経済新聞はこの動きを政府の介入とみなした。 記事は「多大な努力と投資を経て、今になって日本政府がネイバー撤退を要求することは、文明国家の理想に反するように見える」と述べた。

韓国では野党が、ネイバー氏がこうした政策の最新の被害者であるとして、尹氏の日本に対する融和的な姿勢を批判している。 韓国前大統領の重要な同盟者であるチョ・グク氏はこう語った。 尹氏の態度は「恥ずべき」もので、大統領が国内企業の成功を支援できなかったと非難した。

5月のカンファレンスでMr. 尹首相の鄭泰雲政策室長は、同路線の運営会社が安全強化に向けて満足のいく計画を立てるまで、日本政府は「逆措置」を進めるべきではないと述べた。 ネイバーは株式売却を強行するだろう。 韓国政府は「韓国企業が海外でいかなる差別行為や不当な扱いを受けないよう引き続き確保していく」と述べた。

両社によると、ソフトバンクとネイバーは回線事業者の所有権構造の見直しの可能性について協議しているという。

NAVER管理者はこの件に関してほとんど沈黙している。 ネイバーの広報担当者は、同社はあらゆる可能性を受け入れていると述べた。 日本の通信省の報道官は、セキュリティ管理をどのように改善するかは通信事業者の判断に委ねられていると述べた。

日韓両国の指導者らは、一線を越えた戦闘の激化を阻止する決意を示しているようだ。 氏岸田さんと、 尹氏は5月下旬、この紛争が外交関係に支障をきたすべきではないことに同意した。

かつては、一見些細な出来事であっても、長期にわたる外交紛争に発展する可能性がありました。 2018年、韓国海軍艦艇が日本海を飛行する日本の航空機を火器管制レーダーで標的にしたと非難され、両国は防​​衛関連の交流を停止した。 その行き詰まりは今月ようやく解消された。

ソウルに本拠を置くシンクタンク、東アジア研究所のユル・ソン所長は、日本がこの路線の所有権問題にどう対処するかは、日韓関係のより広範な軌道に影響を与える可能性があると述べた。

同氏は「韓国側からすれば、国民は尹政権が意図を表明しており、コップはまだ半分空で日本の反応を待っていると信じている」と述べた。

氏ユン氏はそれを利用してさらなる協力を行うことができます。 息子は言いました。

同氏は「われわれは関係修復の過程にあるが、双方とも過去に何が起こったかをよく認識している」と述べた。 「強固な基礎が築かれましたが、まだ考慮すべき亀裂が残っています。」

ジョン・ユン ソウルからのリポートを寄稿しました。

READ  偽のハンバーガーがバーガーキング・ジャパンのメニューに登場しましたが、誇大宣伝する価値はあるでしょうか? – SoraNews24 -日本のニュース-