8月 15, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本で大雨による洪水で2人が行方不明

北日本を襲った豪雨で橋が崩れ、川が氾濫し、2人が行方不明になった。

テレビ映像は、一部の地域で記録を破る雨が降った丘陵の住宅地に壊れた木が散らばっているのを示しました。

当局が危険な洪水と2人が行方不明になっていると警告したため、20万人以上の住民が避難を余儀なくされたと、政府の松野弘和報道官は記者団に語った。

当局は、土砂崩れや洪水のリスクが高まると警告している。 公共放送局NHKは、新潟、山形、福島、石川、福井の5県に住む20万人の住民に、強制的でない避難勧告が発令されたと報じた。

テレビの映像は、氾濫した川と別の泥だらけの水路が橋の高さに達することで家が浸水したことを示していました。

木曜日の朝の記者会見で、松野官房長官は、約 1,900 世帯が停電し、380 世帯が断水したと述べた。

村上市のある地区は、土砂崩れでその地域に通じる道路が封鎖された後、隔離されました。

区長の松本才一さん(69)は「区は孤立し、電気も水道も止まっている。

「水や食料などの救援物資の提供を市役所に依頼しました」

気候変動は、温暖な大気がより多くの水を保持するため、日本や他の場所で大雨のリスクを増大させている、と科学者たちは言う.

2021 年、大雨が中央リゾート タウンのアダミで壊滅的な土砂崩れを引き起こし、27 人が死亡しました。

また、2018 年には、西日本で梅雨の時期に発生した洪水や地滑りで 200 人以上が死亡しました。

READ  日本の投資会社が「ポイズンピル」保護に圧力をかける