12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本でクレーンとの衝突を回避した後激怒

鈴鹿、日本 (AP) — ピエール・ガスリーは、日本グランプリの開始時に、同胞のジュール・ビアンキが同様の事故で死亡したのと同じレーストラックでクレーンに衝突するのをかろうじて回避したとき、感情的に語った。

日曜日の雨に濡れたレースの開始時に車が滑り始めたとき、クレーンまたはトラクターが使用されました. カルロス・サインツがウェットコンディションで出走した後、カルロス・サインツ・ジュニアの車を回収するために回収車両が鈴鹿サーキットにありました。

他のドライバーがより遅いペースでクレーンを追い抜いた間、ガスリーはピットレーンからレースを開始し、セーフティクルーに出くわしたときに視界の悪いパックを捕まえるためにレースをしました。 彼はレールの上に立っているクレーンと警備員を追い越した.

レース後、FIAはコーズリーに赤旗状態で減速しなかったとして罰金を科したが、彼は激怒した。

「このトラクターはどこのトラックに乗っていますか?」 ガスリーはチーム無線に向かって叫んだ。 「私はそれに近づきました。それは容認できません。何が起こったのか覚えておいてください。信じられません!私たちは道路でクレーンを見たくありません.

2014 年、ビアンキは同じコースで雨天時に車のコントロールを失い、回収車に衝突しました。 彼は 25 歳で亡くなるまでの 9 か月間、頭部外傷で昏睡状態にありました。 ビアンキの死亡は、1994 年のアイルトン セナの致命的なクラッシュ以来、F1 のトラックで初めてのことでした。

「我々はすでにジュールを失った。我々は知っている理由で素晴らしい男、素晴らしいドライバーを失った。8年前、同じトラックで、同じ状況で、クレーンによって」 「どうして?今日、グラベルだけでなく、競馬場、トラックでクレーンを見ることができるのはなぜですか?私には理解できません。

「もちろん怖かった。もしカルロスがこのように車を失っていたら、私はその前のラップでそれを失っていただろう…単純に死んでいただろう」

F1の運営組織は、キャスリに20秒のタイムペナルティと2ポイントのペナルティを科したが、FIAはクレーンがコース上にある原因となった状況についても調査すると述べた。

「それはジュールズにとっても、彼の家族にとっても無礼です。私たちは皆、命を危険にさらしています。私たちは世界で最高の仕事をしていますが、私たちが求めているのは、少なくとも私たちを安全に保つことだけです.それはすでに危険です.もう十分だ」とガスリーは憤慨した。 「ピットレーンに戻るのにもう1分待つこともできた。トラックにはトラクターがいる。ここにいることにとても感謝している。結果がどうであれ、家族と愛する人たち全員に今夜電話するつもりだ」

「あのクレーンから2メートル通り過ぎて、左に2メートル離れていたら死んでいた」

ビヨンセの父親であるフィリップは、レース中にインスタグラムに「ドライバーの命を尊重せず、ジュールの記憶を尊重しない」と投稿した。

怒りはF1パドック全体で共有されました。

ドライバーのセルジオ・ペレスは、「これはこのスポーツでここ数年見た最低点だ」と語った。 「今日起こったことは私をとても怒らせます。 このようなプレーの状態が二度と見られないことを願っています。 数年前に友人のジュールズと一緒にここで起こったことを見ましたが、その原因が何であるかは気にしません。 これは二度と起こしてはなりません。

レッドブルのボスであるクリスチャン・ホーナーは次のように語った:「なぜサーキットにレスキュー車両があったのかを完全に調査する必要がある。チェコはそれを我々に報告したが、もちろん、視界がゼロのひどい状況では非常に危険だ」

「とにかく役に立たないのに、なぜトラクターを軌道に乗せ続ける危険を冒すのか、まだわからない」とホーナーは付け加えた。 「とにかく危険信号を出すつもりなら、なぜそれを危険にさらすのですか?」

マクラーレンのドライバー、ランド・ノリスはツイッターに「どうしてこうなった!? 何年も前に、この状況で命を落とした。特にこのような状況では命を危険にさらす。レースは大好きだ。しかし、これは受け入れられない」と書いた。

土曜日のガスリーは、来年のアルピーヌでのベルナルド・アロンソの後任として指名されており、26 歳の彼にとってはお祝いの週末だったに違いありません。 代わりに、マックス・フェルスタッペンが短縮されたレースで勝利した後、2年連続の世界タイトルを獲得したことに気づいていなかったため、レース全体が最初から最後まで混乱しました。

READ  日本は新しいクリーンエネルギー戦略についての議論を開始します