9月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本での需要の低迷が資生堂の収益を圧迫 – WWD

宍戸上半期は国内需要の低迷を背景に減収減益となった。

ブランドを含む会社 看護婦 そして酔った象とその名前 宍戸 6 月 30 日に終了した会計年度の上半期の純売上高は、前年比 0.4% 減の 4,934 億円、つまり 37 億 2000 万ドルでした。 同時に、コア営業利益は前年比で 23.9% 減少しました。 年初来で175億円、1億3210万ドル。

化粧品会社は、トラベル リテール事業で純売上高が大幅に増加した一方で、南北アメリカ、EMEA、アジア太平洋地域、およびクレ ド ポー ボーテとブランドで素晴らしい業績を達成しました。 看護婦国内市場での需要の低下と中国での COVID-19 によるロックダウンが全体の数字を圧迫しました。

同社は「国内の化粧品市場は、営業規制の緩和により緩やかな回復基調が続いているものの、消費者の化粧品消費意欲の回復の遅れや、大幅な値上げによる緊縮感の高まりなど、厳しい市場環境が続いている。

「海外の化粧品市場については、主に上海での封鎖によって引き起こされた小売業務の制限とサプライチェーンの混乱により、中国の市場環境は低迷したままでした」と付け加えました。 一方、欧米では経済活動の再開に伴い消費が着実に回復し、化粧品市場も全カテゴリーで力強い成長を見せた」と語った。

その結果、資生堂は通期の売上高予想を前回予想より50億円減の1兆7000億円に修正し、事業利益は220億円減の400億円となった。

収支報告が来たので 資生堂ビューティーイノベーションファンド 再生コラーゲンベースの生体材料の中国メーカーへの最初の投資を発表しました。 資生堂を筆頭投資家とする中国に焦点を当てたファンドは、1億人民元(1450万ドル)を調達した。 江蘇貿易医療技術有限公司株式会社主に医療・化粧品業界向けの製品を製造している会社です。

READ  オリンピック-馬術-英国のマハーが金メダル、スウェーデンが銀メダルを獲得