5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、タイダルベイスンに新たに250本の桜を植樹するために寄贈

1世紀前に日本が米国に贈った3,000本の桜の花は、日本の首都の最も象徴的な春のシンボルとなっています。

現在、日本はさらに250本の桜の木をワシントンに送ると、水曜日にホワイトハウスを訪問した日本の岸田文雄首相が述べた。 岸田氏は、2年後のアメリカ建国250周年を記念して、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア記念碑近くのタイダル・ベイスンに数本の木が植えられる予定だと述べた。

バイデン大統領は、この木々は日米関係と同様に「時代を超え、インスピレーションを与え、繁栄している」と述べた。

この発表は、国立公園局が、崩れかけた護岸の修復プロジェクト中にタイダル・ベイスンとウェスト・ポトマック公園周辺で桜158本を含む300本の木を撤去すると発表してから1か月後に行われた。 干潟の南部で伐採されている木のひとつがスタンピーと呼ばれるものです。 裸の木の幹は腐敗が進んでいます。

公園局関係者によると、防潮堤の修復には今後3年間、一部の桜の木の周囲にフェンスや建設機械を設置する必要があるという。 公園局によると、これはナショナル・モールの250周年記念修復プロジェクトの一環だという。

岸田氏は水曜日、建設後に一部の樹木が取り替えられることを知り、新たに250本の樹木を寄贈することを決めたと語った。 そのうちの3本はすでにホワイトハウスの芝生に植えられており、その中にはジル・バイデン大統領夫人と岸田氏の妻裕子氏が昨年植えたものも含まれる。

岸下夫妻は今週ホワイトハウスを訪問し、水曜夜には日本の首相としては9年ぶりとなる公式晩餐会に出席した。 岸田氏とバイデン氏は今後の軍事・安全保障連携について協議するとみられる。

岸田氏は、DCの桜の木の寿命が長く、中には樹齢112年に達するものもあると指摘した。 桜の木の寿命は通常60年です。 首相は、植物の繁栄を維持した「桜の守護者」を称賛した。

岸田氏は「地元の人々が桜の木を愛し守っているように、日米関係はお互いの国を愛する多くの人々によって支えられ、育まれている」と述べた。

READ  リオ・ハットテッドは、米国親善試合の日本代表メンバーに含まれていませんでした