2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

技術者のレイオフは、若い労働者にトラウマを与えています。 お年寄り? あまりない。

「これは贈り物だ」プリアム氏は言った。 「この話が語られるとは思わない。いつも憂鬱で憂鬱だ。」

しかし、最初の景気後退を経験したテック労働者にとって、削減は目を見張るものでした。 Zhang さんは大学で製品デザインを学び、停滞しているように見えたテクノロジー業界に参入することを目指していました。 彼らの Lyft からのレイオフは、その信念を揺るがした。

Facebook の親会社である Meta のソフトウェア リクルーターである Erin Sumner は、同社の評価額が史上最速で 1 兆ドルに達したことを潜在的な採用者に自慢していました。 株価が下落し、中核事業であるデジタル広告が打撃を受けた過去1年間でさえ、同社の強みを宣伝すると述べた.

昨年、一時解雇の噂が広まり始めたとき、彼女は同僚たちに、会社が銀行に400億ドル以上の現金を持っていることを指摘して、彼らの仕事は安全であることを保証した. しかし11月、彼女は解雇された1万1000人の労働者の中にいた。

「痛かった」と32歳のサムナーは語った。 検索結果から顧客情報を削除することを目的としたスタートアップ、DeleteMe のチーフ リクルーターとして新しい仕事を見つけました。 しかし、テクノロジー業界での人員削減が増えているという記事を読むたびに、身がすくむと彼女は語った。

「良くなる前に悪くなるんじゃないかな」とサムナー夫人は言った。 「保証はありません。私は世界で最も安全な会社から解雇されました。」

同様の運命の逆転は、ソフトウェア サービスを販売する企業に課題をもたらしました。 業界のリーダーであるSalesforceの株価は、売上高の伸びが鈍化したため、昨年約50%下落しました。 同社はパンデミックの間、280 億ドルを費やして Slack Technologies を買収したことを自慢してきました。 従業員数は 49,000 人から 2 年間で 80,000 人に膨れ上がりました。

先週、従業員の 10% を解雇するという会社の決定について話し合うための本会議で、CEO のマーク・ベニオフは、削減を文脈化することによって、不満を抱いている従業員に共感しようとしました。

READ  ホーム・デポの労働者が最初の大規模な組合に支払う