12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

従来の取引手数料が四半期利益に打撃を与えたため、日本の野村は下落した



ファイル写真:2017年6月23日に米国ニューヨーク市マンハッタンのオフィスで撮影された野村のロゴ写真。 ロイター/カルロアレグリ

東京(ロイター)-野村ホールディングスの株価は月曜日に8%近く下落した。これは10年前に終了した取引の損失により日本の証券会社が予想を下回る収益を記録した後、3月以来最大の日次下落である。

野村氏は先週、2007年と2008年の世界金融危機前の米国でのレガシー取引に関連した約390億円(3億4200万ドル)の手数料で第2四半期の純利益がほぼ一掃されたと語った。

損失は​​、米国の不況による29億ドルに続くものです。 投資ファンドアルケゴス-3月にリリースされたニュース。 野村株は3月29日に16%以上下落し、その後、同社は米国子会社に損失の可能性があると報告した。

ジェフリーの株式アナリスト、パン秀康氏は、野村の最近の四半期決算は予想を下回ったと語った。

「今四半期は収益が正常化し始め、中核事業も正常化すると見込んでいるが、世界金融危機が予想外になる前の取引に390億円の準備金を割り当てた」と語った。

野村は、より幅広いプラスの傾向で、0451 GMT内に6.58%下落して513.9円となり、前回のセッションから7.8%下落しました。

岸田文雄首相の与党が総選挙で過半数を獲得した後、月曜日の日経平均株価は月曜日に平均した。

野村ベンチマークの日経平均株価は今年の初めから低く、これまでの日経平均株価の最高値である7.74%に対して5.96%下落しています。

(藤田淳子による報告、Rashmiによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アメリカ
アジア
私たちに

READ  エディー・ジョーンズは日本のクラブでオーストラリア人として裁判にかけられ、イングランドテストから撤退する