10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

山口はジャパンオープンバドミントン決勝の本拠地です

公開日: かわった:

大阪 (日本) (AFP) – バドミントンの世界チャンピオン、山口茜が中国の陳玉飛を破り、土曜日のジャパンオープンで決勝に進出した。

先週の東京で世界タイトルを保持した第 1 シードの山口は、大阪でセンを 15-21 21-16 24-22 で破った。

山口は先週の世界選手権決勝でチェンナイを破り、「誰よりも難しい」と彼が言った試合の後、トップに戻った.

「私たちは日本にいて、私の成功は観客の力にかかっていると思います」と25歳は語った.

「少し疲れていました。試合の途中まではとても疲れていました。その後、決勝が始まりました。楽しみたかったのですが、より良いプレーをするようになり、動きが改善されました。」

山口は日曜日の決勝でアン・セヨンと対戦し、第3シードのタイ・スイン(台湾)を21-12 14-21 21-13で破った。

男子のイベントでは、日本の西本健太がアンダース アンデルセンを 22-20 21-19 で下し、今シーズン初の決勝に進み、第 2 週でデーンをノックアウトしました。

世界ランキング21位の西本の日曜日の対戦相手は、第4シードのチョウ・ティエンチェン(台湾)で、中国のシ・ユキを15-21 21-19 21-12で下した。

男子の第2シードの桃田賢斗を不当に敗退させた後、今週の早い段階で退場した後、地元の観衆のお気に入りである西本は、彼の「情熱」が彼が決勝に勝つのに役立つことを望んでいると語った.

先週の東京での第1ラウンドでアントンソンに勝利した後、西本は「今日が最後だった。今日はすべてのポイントに集中していた」と語った。

「ホームでの試合なので、決勝は緊張することは分かっていますが、楽しみたいです。」

READ  本当に無味:日本のプラスチック食品アーティストは創造性を発揮します