9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

子供たちが「ゲーム英語」を学ぶために「2週間」のレッスンを提供する日本の会社

東京-日本で人気のシューティングゲーム「Fortnight」を使って子供たちに「ゲーム英語」を教える特別な会話クラスを見ている親がますます増えています。 プロジェクトの背後にある会社である渋谷を拠点とするCROIncは、完全にオンラインでクラスを提供しており、子供たちが英語を学びながら自宅でゲームをプレイできるようにしています。

しかし、ゲームを愛する子供にとっては素晴らしい選択のように思えるかもしれませんが、それは本当に機能しますか? この不安を和らげるために、同社はクラスのプレーが止まらないようにする方法を考案しました。

人気のゲームチャットプロセッサ「デカルト」を通じて、外国人教師と小学生の女の子の声が聞こえてきました。 先生は彼女に「どこへ行くの?」と尋ねました。 彼女はそうします。 「まあ、とても良い!」 著者は言います。

2021年4月8日、東京都千田区にて、CROIncの渡辺雄介社長が「ゲーミングイングリッシュ」の授業について語ります。

生徒はシバ県にある小学校の4年生です。 Minichi Simbunが気付いたレッスンは、彼女が最初に受けた英会話クラスであったため、生徒の発音は少し不確かです。 授業を通して、先生はゆっくりとアイデアを紹介するために日本の作品に織り込みました。

一見、これは他のオンライン英会話クラスのように見えるかもしれませんが、2人は実際にフィリピンのセブ島で約3,000キロの距離から著者が参加した「2週間」のビデオゲームをプレイします。

フォーナイトは、島で100人のプレイヤーをつなぐサバイバルシューティングゲームで、最後に立っている人として競います。 プレイヤーは、それぞれデュオまたはトリオと呼ばれる2つまたは3つのチームモードに参加できます。 世界中に3億5000万人以上のプレーヤーがいるフォートナイトは、今日最も人気のあるスポーツの1つです。

競技者は島の戦場に降りて、各試合を開始します。 敵にぶつかりやすい部分もあれば、そうでない部分もあります。 最初のフレーズは、「どこに行くの?」です。 島は、カップルがどこに落ちるかを話し合うためにあります。 インターネットの速度が向上したおかげで、生徒と教師の間にタイムラグはほとんどありません。

CROIncの和田辺裕介社長は「なんらかの対話を必要としないゲームであり、スピーチや文章の構成は日常生活とほとんど変わらない」と語った。

Northnebeは2020年12月に英会話クラスのゲームを開始しました。 彼は2014年に東南アジアに移り、2017年からフィリピンで日本人のために独自の語学学校を運営しています。

海外在住の彼は、東南アジアやアメリカでのスポーツの人気の高まりに真剣に気づき始め、2019年に帰国後、ゲームと英語を組み合わせたアイデアを思いついた。 彼は以前にビジネスを行っていたフィリピンの語学学校であるクレドとパートナーシップを結び、彼らはゲームの会話クラスを始めました。

同社は、主にソーシャルメディアを通じて、学生の募集をオンラインで維持しており、それ以来、多くの問い合わせがありました。 これまでに北海道、東京、鳥取など全国で約50人の小中学生が授業を行ってきました。 もちろん、多くの子供たちは二週間で立ち往生しており、彼らの多くは親の励ましで授業を受けています。

子供たちは勉強するときにやりたいことをするので、成長が速くなります。 同社によれば、月に約10科目を勉強する学生は、簡単な会話で1か月後にゲームをプレイできるという。

渡辺は、対応する高校とスポーツコースでトライアルゲーミング英会話レッスンを実施しています。 しかし、彼はそこで止まりたくはなく、大学や特殊学校での学習にゲームを使いたいと思っています。

(日本オリジナルスキモト修作スポーツ企画科)

READ  東京オリンピックの準々決勝後、オリビ人はこれ以上何も望んでいませんでした