5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

太陽は一ヶ月中ノンストップで燃えています、そしてより多くの巨大なフレアが来ています

過去数週間かそこらは太陽にとって非常に忙しい時間でした。 私たちの星は一連の巨大な爆発を経験し、プラズマが宇宙を駆け抜けました。

おそらく最もエキサイティングなのは、2月15日の真夜中直前に太陽の向こう側から噴出した強力なコロナ質量放出と太陽フレアでした。 サイズによっては、火山の噴火が私たちの太陽ができる最も強力なカテゴリにある可能性があります。 Xクラスフレア

フレアとCMEは地球から離れた方向を向いているため、関連する影響はほとんど見られません。 地磁気嵐、噴火からの物質が地球の大気中で衝突するときに発生します。

これらには、通信の停止、電力網の変動、およびオーロラが含まれます。 しかし、活動の急増は、近い将来、そのような嵐が予想される可能性があることを示しています。

「これは、2017年9月以来、このサイズの向こう側で2番目のアクティブな領域です」とスタンフォード大学のヘリオサイエンスグループの天文学者JunweiZhao氏は述べています。 SpaceWeatherに伝える

「この領域が太陽の地球に面する側で回転するときにこの領域が巨大なままである場合、それは私たちにいくつかの興味深いフレアを与える可能性があります。」

太陽活動を追跡するSpaceWeatherLiveによると、太陽は噴火しました 2月の毎日、数日の表示付き 複数の松明。 これには、2番目に強力なフレアの3つであるMクラスフレアが含まれます。2月12日のM1.4。 2月14日のM1。 そして2月15日のM1.3。 1月には5つのMクラスフレアもありました。

1月29日に発生したカテゴリーMのフレアに続いて、低軌道から新たに打ち上げられた40個のスターリンク衛星を襲った中程度の地磁気嵐が発生しました。 太陽フレアからの発射体は、物質の移動速度にもよりますが、通常、地球に到達するまでに数日かかります。 これまでに2月に発生した残りのフレアは、より穏やかなCカテゴリにあります。

しかし、これは恐ろしいように聞こえるかもしれませんが、太陽極大期に向かって、そして太陽極大期の間に上昇するので、これは私たちの太陽にとって非常に正常です-その活動サイクルの中で最も動的な時間です。

ご覧のとおり、太陽は地球上で日常的に非常に一貫しているように見えますが、実際には11年の活動サイクルを経ており、最小値と最大値が明確に定義されています。 このサイクルは、北と南の磁極が移動するにつれて11年ごとに変動する太陽の磁場に基づいています。

太陽黒点の活動とフレアが最小限であることを特徴とする太陽極小期は、1つの周期の終わりと新しい周期の始まりを示し、太陽の磁場が最も弱いときに発生します。

これは、太陽の磁場がその活動を制御しているためです。太陽黒点は強い磁場の一時的な領域ですが、太陽フレアから噴出するコロナ質量放出は、磁力線が屈折して再接続することによって生成されます。

最新の太陽極小期は2019年12月に発生しました。

黒点は、太陽磁場が絡み合うと形成されます。 これは、太陽赤道が高緯度よりも速く回転するために発生します。 現在、太陽には111の黒点がありますが、これらのすべてが活発に噴火するわけではありません。

太陽極大期は2025年7月に発生するように設定されています。何がそれを推進しているのかわからないため、特定のサイクルがどれほど活発になるかを予測するのは難しいかもしれません(最近の研究では、11。07年の惑星が整列していることが示唆されています)が、 2020年には、これまでで最強のサイクルに入っている可能性があるという証拠が見つかりました。

残りの周期が同じように続くかどうかはまだわかりませんが、太陽周期は間違いなく私たちがここにいるものです…壊滅的なキャリントンイベントを進めない限り。 ここで希望します。

その間、あなたは以下に従うことによって太陽活動に追いつくことができます 宇宙気候宇宙天気ライブ、およびNOAA 宇宙天気予報センター

READ  NASAのボイジャー1号は、太陽系外から不思議なデータを送信します