7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

大躍進でチームジャパンのムネがリバウンドを獲得

大躍進でチームジャパンのムネがリバウンドを獲得

科学社会とテクノロジー

東京、6月16日(GGプレス)-日本の研究チームは、世界初の画期的な進歩として、素粒子の一種であるミュオンを人工的に冷却した後に再加速することに成功した。

高エネルギー加速器研究機構などの研究者チームによると、今回の成果は、素粒子の運動を作り出す物理学の標準理論の見直しや、巨大構造物の内部研究の精度向上につながると期待される。 そして日本原子力研究開発機構。

宇宙線が地球の大気に衝突すると、ミューオンが大量に生成されます。 ミューオンは電子と同様の性質を持っていますが、質量は 200 倍です。

ミュオンは、厚さ数キロメートルの岩石の中でも物質を透過する能力が非常に高いため、火山やピラミッドの内部探査には、東京電力ホールディングス株式会社が利用しています。 メルトダウン立体構造の研究は、福島原発事故の原子炉の研究にも使用されています。 原子力発電所1基。

物体の密度が高くなると、そこを通過するミュオンの数が減少するため、ミュオンの飛んだ方向や粒子の数を解析することで、地上や巨大構造物の内部の密度分布を見ることができます。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  GLPが日本初のデータセンターに着工