4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

大林組ヘブコが日本の留寿都で地熱研究を開始

大林組ヘブコが日本の留寿都で地熱研究を開始

北海道虻田郡留寿都町(出典: ???CC BY-SA 3.0ウィキメディア・コモンズ経由)

ヘブコと大林組は、日本の北海道留寿都村で地熱発電の実現可能性を評価する研究を開始した。

北海道電力株式会社 (ヘプコ)と 大林組株式会社 は、尻別岳南麓近くの北海道留寿都村で地熱発電の探査活動を開始すると発表した。 計画された探査段階は2024年4月から2025年2月までで、深さ2000メートルまでの試掘井の掘削が含まれる。

調査結果に基づいて、そのサイトが商業利用のために開発されるかどうかが決定されます。

ヘブコと大林組は出光鉱泉との提携により、現在、北海道京極町での地熱発電の可能性を評価している。

ほくでんは、森町で出力25MW森地熱発電所と2MW森バイナリー発電所を開発・運営する合弁会社の一員である。 2023年11月に商業運転を開始したバイナリー発電所は、旧森地熱発電所の余熱を利用する。

ソース: ヘプコ

READ  TOYO、日本の風力発電所向けにHuismanサブシークレーンを発注