7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

外相、ワグナー蜂起後のロシアは「回復力がある」と発言:ウクライナ戦争の最新情報

外相、ワグナー蜂起後のロシアは「回復力がある」と発言:ウクライナ戦争の最新情報

これは、ウクライナでの戦争のさなかの生活についての一連の定期手紙のうちの 1 つです。

プレオブラジェンカ、ウクライナ – ウクライナ南東部にある静かなこの小さな村は、一見すると、豊かな畑と愛情を込めて手入れされた庭のある典型的なウクライナの村のように見えます。 しかし彼女は戦争から逃れられなかった。

「夜は静かなので、遠くで爆撃音が聞こえます」と住民のタマラさん(59)は語った。不必要な注意を避けるため、名前のみを明かすよう求めた。 「日中はできる限り多くの野菜を育てます。冬がどうなるかは誰にもわかりません。」

昨年2月にロシアによるウクライナへの全面侵攻が始まったとき、「外はうるさくて怖かった」という理由で、彼女と育てている3人の娘は自宅の地下室に引っ越した。 しかし数日以内に、彼らは凍てつく寒さの中でそこに住むのは不可能であることに気づきました。

「すべてが始まったとき、村人の多くは立ち去りましたが、最終的にはほとんどが戻ってきました」とタマラさんは語った。 「ここには私たち自身の家、庭、野菜があります。しかし、お金も家もないのにここから離れてどうするのですか?それで私たちはここに留まりました。」

地元当局によると、数日後、プレオブラジェンカでは爆発により3人が重傷を負った。

セレンコフ氏の棺はウクライナ兵によって持ち去られた。クレジット…ニューヨーク・タイムズ紙のマウリシオ・リマ
葬儀後のランチテーブル。クレジット…ニューヨーク・タイムズ紙のマウリシオ・リマ

しかし、タマラが話すのと同じくらい彼女は冷静だった。 彼女の孫娘たちは庭仕事を手伝い、小さな犬ジャベリンと遊んでいた。 彼らは、村が侵略者と戦って亡くなった兵士たちの葬儀をすでに2回行っており、3回目の葬儀が行われることをよく知っていた。 「明日、葬儀に行くかどうかは分かりませんが、どこにいるかは分かるでしょうし、みんなもそこにいるでしょう」と最年少のヤナさん(9歳)は語った。

名前だけを明かしてほしいと希望した別の村人、ユリさん(69)は、家族のことを話し始めるまで冗談を言い合ったり、笑ったりしていた。 彼の息子の一人は最前線で働いています。

ヤナちゃん(8歳、中央)は家の外で兄弟や祖母と犬と遊んでいる。クレジット…ニューヨーク・タイムズ紙のマウリシオ・リマ
セレンコフ氏の葬儀後、両親のアシャ・セレンコフさん(81歳、手前)とペトロ・セレンコフさん(72歳、右から2人目)は他の会葬者らとともに裏庭に集まった。クレジット…ニューヨーク・タイムズ紙のマウリシオ・リマ

3回目の葬儀の日、村は朝から賑わった。 人々は花や旗を持って大通りに並び、6月5日にバフムート近郊での戦闘任務中に死亡した機関銃手ルスラン・セレンコフさん(37歳)に別れを告げるため、葬列を待っていた。

彼の未亡人であるナディア・セレンコワさん(34歳)は現在、2人の子供、ソフィアさん(8歳)とエリアさん(12歳)の子育てに直面している。

夫については「今は彼について話すことはできない」と語った。 「彼のいない私の人生は想像できません。」

不幸はセレンコフ家にとって無縁ではなかった。 母親のアシャさん(81)はカザフスタン出身、父親のペトロさん(72)はベラルーシ出身。 1986年のチェルノブイリ原発事故によりベラルーシに放射能が飛来した後、彼らはホメルの町にある家を逃れ、プレオブラジェンカで新しい生活を始めた。

アシャ・セレンコフさんは、息子が軍隊を愛していると語った。 亡くなる少し前に、彼女はこう言いました。

READ  北朝鮮の指導者は米国との戦争に備え、核部門を強化している