7月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

台湾のTSMCはアリゾナ州の米国工場への不満の中で、日本の新しいチップ工場の設立を望んでいる。

台湾のTSMCはアリゾナ州の米国工場への不満の中で、日本の新しいチップ工場の設立を望んでいる。

複数のチップ業界関係者は、問題の機密性を理由に匿名を条件に、日本とその世界展開に対するTSMCの見方についてロイターに語った。

台湾の新竹にあるTSMCグローバルR&Dセンター。 写真:ロイター

TSMCの日本進出の成功は、チップ製造大国として失った地位を取り戻し、地域競争が激化する中で自動車産業やエレクトロニクス産業を支援する日本の取り組みを後押しすることになる。

TSMCは声明で、海外展開は顧客の要求、政府支援の額、コストの考慮などの要素によって決まると述べた。

DSMCはアリゾナ州で先端チップの製造を計画しているが、熟練労働者の不足により、最初の工場での生産を2025年までに延期している。

「どんなプロジェクトでも…ある程度の学習曲線は必要です。 過去5か月の進歩は目覚ましいものだった」とTSMC社長のマーク・リュー氏は先週、アリゾナプロジェクトについて語った。

TSMCは、同社が拡大を進めている米国、日本、ドイツの工場は、場所、組織、規模の違いにより「本質的に比較できない」と述べた。

自然なフィット感

米国、日本、ドイツはDSMCに数十億ドルの補助金を与えており、DSMCは防衛、自動車、エレクトロニクス産業に不可欠なチップの供給を多様化する取り組みとして生産の現地化を進めている。

しかし同社は、労働文化という点では日本がより自然に適合していると考えており、日本政府は対応が容易で補助金も寛大であると関係者は述べた。

アイザイア・リサーチのアナリスト、ルーシー・チェン氏は「TSMCと日本政府の関係は相互に有益だ」と述べた。

同氏は、チップメーカーにとって日本の利点としては、チップ機器や材料のサプライヤーのネットワーク、労働文化の類似性、台湾との近さが挙げられると付け加えた。

TSMCの執行会長であるマーク・リュー氏は、先週台北で開催されたセミコン台湾2023で講演した。 写真:AFP

関係者によると、TSMCは、長時間労働と雇用主への強いコミットメントで知られる日本の労働者は、無菌のクリーンルームでチップ製造機械が24時間稼働しているため、時間外労働を伴う過酷なスケジュールで働くことをより厭わないとみているという。

あるチップ業界幹部は「TSMCの再起動にはコストがかかるため、多くのマシンをシャットダウンすることはできない」と語った。

九州までは飛行機でわずか2時間で、DSMCはイメージセンサーの大手メーカーであるソニーなどの企業と提携している。

関係筋によると、台湾人労働者は工場設立への協力を歓迎しており、同チップメーカーはファウンドリーベンチャーのラピダスなどのライバルと競争する中で、地元労働者を保護するためにより高い賃金を支払う予定だという。

「DSMCは日本への投資に非常に前向きであるように思われる」と、最初のファブに最大4760億円(32億3000万米ドル)の補助金を提供した強力な経済産業省の高官は語った。 。

同関係者は「第2のファブプロジェクトは全般的に歓迎するが、まずは詳細を検討する必要がある」と述べた。

多くの機器・材料メーカーはすでに世界的に事業を展開しており、TSMCは厳しい基準を満たすために台湾からサプライヤーを日本に呼び寄せている、と関係者らは述べた。

02:42

バイデン氏、アリゾナ州の台湾の新チップ製造工場を視察、米中の半導体競争を煽る

バイデン氏、アリゾナ州の台湾の新チップ製造工場を視察、米中の半導体競争を煽る

資本コストの上昇

関係筋によると、TSMCの日本に対する熱意は、事業全体のコスト上昇とマクロ環境への懸念によって弱まっているという。

設備投資は2018年の100億米ドルから昨年は360億米ドルに増加し、同社は今年の流出額が若干縮小すると予想している。

同社経営陣から説明を受けた投資家によると、DSMCは米国での工場建設コストが台湾より20%高いと考えていたが、実際には50%高かったという。

同社はドイツに地元企業と協力して110億ドルの工場を建設する計画だが、長期休暇や強力な労働組合など現地の労働文化が生産に打撃を与える可能性があると関係者は語った。

投資家はコスト高の影響を懸念しているが、調査会社カウンターポイントのアナリスト、ブレイディ・ワン氏は「TSMCの最先端技術が価格決定権を与えているため、現時点でのTSMCへの影響はそれほど大きくない」と述べた。

READ  日本の奇妙に穏やかなインフレ率