7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

北一ホール – アトラス オブスキュラ

北一ホール – アトラス オブスキュラ

使用可能なグラスは1つです 1901年にガソリンランプとタグボートのメーカーとして創業した小樽を代表するブランドのひとつ。 小樽が主要な観光地として成長するにつれて、食器や装飾品、風車などの生産を開始し、市内に合計 17 拠点を設立しました。

賑やかな堺町通り商店街沿いにある三五館(「3号館」)は、1891年に地元産ニシンの加工や缶詰を扱う水産倉庫として建てられた歴史ある建物です。 倉庫と港を結んでいたかつてのトロッコの線路もよく保存されており、情緒ある回廊を歩くことができます。

現在、かつての倉庫には北一硝子店があり、3 フロアに素晴らしいガラス製品が並び、北一ホールというカフェが併設されています。

北一ホールは、天井が高く、木の梁があり、一言で言えば壮麗です。 唯一の照明は 167 個の石油ランプで、各テーブルに数個、上のシャンデリアにも数個あり、その場所に暖かく、懐かしく、夢のような雰囲気を与えています。 壁面にはスタインウェイのグランドピアノが設置されており、火曜から金曜まで毎日(祝日を除く)午後2時、午後3時、午後4時に生演奏が行われます。

地元料理が豊富なメニューは、確かに言及する価値があります。 名産の北海道牛乳を使用したフラットアイスクリームとロイヤルミルクティー、そしてパフェです。 ハスコプ、北海道原産の青いスイカズラ。 午前11時から午後2時50分までのランチタイムには、北海道の代表的な海鮮丼やカニ、サーモン、イクラの入った麺類を注文できます。 小樽にはクラフトビールも充実しています。

石油ランプは毎朝午前 8 時 45 分に人の手によって点灯され、早朝の訪問者は午前 9 時の開館前にその様子を見ることができます。

READ  日本の著名なアメリカの繁殖とランナー:2021年8月7-8日