6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

住友は2031年までに日本に500MWの蓄電池を設置する計画

住友は2031年までに日本に500MWの蓄電池を設置する計画

日本の商社 住友 同社は、国内の蓄電池容量を2031年3月までに500MWに拡大する計画で、現在の9MWから大幅に増加する。 ロイター 報告。

この取り組みは、再生可能エネルギー源の統合が進む中、国のエネルギーシステムの安定性と効率を向上させることを目的としています。

国が脱炭素化目標を達成し、エネルギー安全保障を向上させるために再生可能エネルギーに目を向けている中、蓄電池は太陽光発電と風力発電の断続性を管理する上で重要な役割を果たすことになる。

住友の蓄電池への取り組みは、エネルギー変換事業の推進に対する広範な取り組みと一致しています。

住友のエネルギー貯蔵事業本部長の浜田重信氏はこう語る。 ロイター:「大型蓄電池の開発・運用を通じて電力システムの安定化と脱炭素化への貢献を目指します。」

「私たちの目標は、独自のオペレーティング システムを活用して競争力のある蓄電池ビジネスを構築することです。」

GlobalData を利用して、市場で最も包括的な企業プロフィールにアクセスします。 研究時間を節約します。 競争力を高めます。

会社概要 – 無料サンプル

ダウンロードメールが間もなく届きます

私たちは、当社の会社概要の優れた品質を信じています。 ただし、お客様のビジネスにとって最も効果的な決定を行っていただきたいため、以下のフォームを送信してダウンロードできる無料のサンプルを提供しています。

グローバルデータによる


READ  グッチサロンが日本に上陸






私たちの到着 プライバシーポリシー 当社のサービス、当社がお客様の個人データを使用、処理、共有する方法、個人データに関連するお客様の権利に関する情報、および今後のマーケティングコミュニケーションの購読を解除する方法についての詳細は、こちらをご覧ください。 当社のサービスは法人加入者を対象としており、送信された電子メール アドレスが企業の電子メール アドレスであることを保証します。

同社は海外事業への投資を検討している。

日本の国内蓄電池容量は、2023年の2ギガワット時(GWH)から2030年までに40GWに増加すると予測されている。 世界の容量​​は 190 GWh から 2.2 TWh に増加すると予想されています。

米国と中国が主導する蓄電池の世界的な急速な成長にもかかわらず、日本の成長は、卸電力市場の価格変動がそれほど顕著ではないために鈍化しており、これが蓄電プロジェクトの収益性に影響を及ぼしている。

しかし、住友商事は、政府の奨励金や電力需給調整市場創設に向けた構造改革など、同国の市場の成長を期待している。

同社はすでに、ラピダスが北海道に計画しているチップ工場近くの6MW施設を含む3つのエネルギー貯蔵施設を設置している。

同社は、将来の蓄電池開発に向けて、合計容量 1.7GW の場所のプールから候補地を評価しています。

再生可能エネルギーが日本で普及するにつれて、電力会社による発電制御の必要性が高まり、クリーンエネルギーの減少につながっています。

2023年12月、日本政府は洋上風力発電オークションの3つのコンソーシアムのうちの1つとして住友を選定した。

東京電力再生可能エネルギーを含む住友主導のグループは、長崎県の江の島と西海市で420MWの風力発電プロジェクトを開発中で、2029年8月までに運転開始が予定されている。