6月 8, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

今日の株式先物: ライブアップデート

3時間前

欧州株は値上がりして始まる

チャートを参照してください…

ストックス600指数。

4時間前

イエレン氏、米国が債務不履行に陥ることは「考えられない」

ジャネット・イエレン財務長官は、米国議員の債務不履行を容認するという考えは「問題外」であるべきだと述べた。

イエレン氏は新潟での主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議に先立って記者団に対し、ドナルド・トランプ前大統領が共和党議員らに国の債務不履行を容認するよう提案したことを承知していると述べた。

「アメリカはデフォルトしてはならない」と彼女は言った。 「アメリカ経済と世界経済を大きく損なうようなことは、誰もが問題外と考えるべきだと思います。」

デフォルト(債務不履行)の余波でバイデン政権が講じ得る措置についての質問に対し、イエレン氏は議員らは債務上限を引き上げる必要があると強調した。

「私たちを惨事から救ってくれる良い代替案はない。どの悪い代替案が他のものより優れているかの評価には立ち入らないが、唯一合理的なのは債務上限を引き上げ、今後起こる恐ろしい結果を回避することだ。 」と彼女は記者団に語った。

– イ・ジヘ

7時間前

米国のインフレ報告後のドル指数の下落で日本円が上昇

米国の消費者物価指数が一晩でインフレの緩和を示した後、ドル指数が低い水準を維持したため、日本円は対ドルでわずかに上昇し、134.14円となった。

アジア市場のドル指数は朝方に101.48まで下落した。 中国内陸人民元は、消費者物価指数と生産者物価指数が予想よりも弱かったことを受け、対ドルで若干下落し、6.9389元となった。

韓国ウォンは対ドルで0.24%下落し、1320.95ウォンとなった。 豪ドルは対米ドルで0.1%安の0.6671ドル。

8時間前

日銀は同国の「合格」インフレ率が第3・四半期から2%を下回ると予想

日銀は4月の会合で、中央銀行は現在の超悲観的な金融政策を維持し、賃金は2%のインフレ目標の範囲内で上昇することに留意すべきだと強調した。

彼の意見を要約すると 日銀は4月27日の会合に向けて、2%のインフレ目標は達成に近づいているとの見方を示したものの、「当面は金融緩和を継続することが適切」と付け加えた。

日銀は、今年の交渉では賃金が予想以上に上昇すると見込まれており、日本経済には賃金と物価の「好循環」の兆しが見え始めているとの認識を示した。

しかし、中銀が「名目賃金上昇率が物価に比べて十分に上昇するよう、金融緩和を通じて賃金上昇の機運を強力に支援し続ける」ことが不可欠だ。

日本銀行は、消費者物価が過去の輸入物価上昇分を転嫁するため、同国の消費者物価指数は当面2%を超える可能性が高いと推定している。

ただし、2023年第3四半期をピークに2%を下回ると予想されている。

– イム・フィジ

8時間前

中国のインフレ率はここ2年で最低のペース

4月の中国の消費者物価指数は年率ベースで0.1%上昇し、2021年初め以来の低水準となった。物価は前月ベースで0.1%下落した。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は消費者物価が前年比0.4%上昇、前月比横ばいとなっていた。

4月の統計は、中国のインフレ率が9月に最近最高の2.8%を記録した後、3月には0.7%に低下したことを受けて発表された。

中国人民元は対米ドルで0.04%安の6.9428元。

12時間前

株価は鐘の後に大きく動く

時間外取引で注目を集めている企業をチェックしてください。

ディズニー 同社が第2四半期決算でまちまちの結果を発表したことを受け、株価は4%以上下落した。 リフィニティブのデータによると、利益は予想と一致したが、売上高はアナリスト予想をわずかに上回った。 同社は、ストリーミング部門からの損失は縮小していると述べたが、400万人のDisney+加入者を解放した。

肉を超えて ビヨンド・ミートが予想を上回る第1四半期決算を発表したことを受け、代替肉メーカーの株価は2%上昇した。 ビヨンド・ミートは、1株当たり92セントの損失と9,220万ドルの収益を報告した。 リフィニティブによると、アナリストらは売上高9080万ドルに対し、1株あたり1.01ドルの損失を予想していた。

完全なリストはここから入手できます。

– キム・ハギョン

11時間前

ロビンフッドが決算を発表、24時間取引を開始

ロビンフッドの株価は、証券会社が第4・四半期の予想を上回る収益を報告したことを受け、時間外取引で約1.7%上昇した。

リフィニティブによると、ロビンフッドの第1・四半期売上高は4億4100万ドルで、アナリスト予想の4億2500万ドルを上回った。 月間アクティブ ユーザー数は第 4 四半期からわずかに増加し、1,180 万人になりました。 しかし、株式ベースの報酬料が主な原因で、同氏の純損失は5億1100万ドルに拡大した。

小売証券会社はまた、来週から株式取引を1日24時間、週5日許可すると発表した。 同社は、米国の証券会社としては初めてと述べた。

ロビンフッドはすでに「超延長」取引時間を提供しており、最高経営責任者(CEO)のヴラド・テネフ氏は以前、同社の目標は年中無休の取引を提供することだと述べていた。

– ジェシー・パウンド

12時間前

水曜日の株式先物は横ばいで始まる

水曜夜の米国株式先物取引はほとんど変化なしで始まった。

ダウ工業株30種平均先物は16ポイント(0.05%)下落した。 S&P500先物は0.01%上昇、ナスダック100先物は0.02%下落した。

– キム・ハギョン

READ  多くの電気自動車は、新しい規則により主要な税額控除を失う