6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

京都選鉱会社が日本での鯨肉の販売を発表

京都選鉱会社が日本での鯨肉の販売を発表

今週、鯨肉の新しい自動販売機が日本にデビューした。

日本の捕鯨業者である京都センバクは、首都東京から約20マイル離れた港町横浜でそれらを解放した.

これは、クジラ保護活動家からの反対の中で何年にもわたって製品を宣伝するのに苦労した後、売り上げを伸ばすために同社が設置した3番目の自動販売機です.

今週、鯨肉の新しい自動販売機が日本にデビューした。


自動販売機のクジラ肉。

自動販売機では、クジラの刺身、クジラ豚、クジラの皮、クジラの肉、クジラの缶詰などの珍味を販売しています。


広告

従業員 "くじらのいぶくろ"鯨肉を提供する日本料理店。

2018年、日本は沖合で商業捕鯨を再開した。


松原庄司は、まあ、日本食レストランのシェフです "くじらのいぶくろ。"

協同染麦は新店舗「くじら店」に3台の機械を導入。


広告

2018年、 日本は動物の狩猟をやめた 商業捕鯨が南極とその沿岸で再開されました。 これで抗議者は止められたが、グループは依然として新しい機械に反対している。

「問題は自動販売機ではなく、それが何につながるかです」と、イルカとクジラ、または「イルカとクジラ」、アクション ネットワークの社長である倉澤奈々美は説明しました。

京都センバクは、クジラの刺身、クジラ豚、クジラの皮、クジラの肉、クジラの缶詰などの珍味を販売するグジラストアという名前の新しい場所に3台のマシンを導入しました。

価格は 7.70 ドルから 23 ドルです。

広報担当者の久保幸之氏によると、同社は5年間で全国100か所に自動販売機を設置する予定です.

ポストワイヤー付き

READ  日本は世界のデジタル競争力で29位