1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

京都府、日本はEV購入インセンティブに関する米国の柔軟性を求めると報告

日本は米国に対し、米国以外の自動車メーカーに対する電気自動車 (EV) 購入のインセンティブについて、より柔軟になるよう要請する予定である、と共同通信社は金曜日に、政府の匿名の情報源を引用して報じた。

韓国外務省の声明に続いて、韓国政府は自動車メーカーが米国で EV インセンティブを受け続けることができるように、米国のインフレ法について 3 年間の猶予期間を求めています。

法律は、北米で組み立てられた電気自動車に対する税制上の優遇措置を制限しています。

業界団体である Alliance for Automotive Innovation によると、ジョー・バイデン大統領が法律に署名した後、以前は対象だった 72 のモデルの約 70% でクレジットが終了しました。

バイデン政権は8月中旬に、約20のモデルがまだ最大7,500ドルの税額控除の資格があると述べた.

日本政府は近く米財務省に税額控除の要件を緩和する要求を提出する予定であると京都は述べ、韓国とヨーロッパ諸国に加えて柔軟性を求めた。

政府は、最終的なプロセスが米国、カナダ、またはメキシコで行われるまで、日本から輸出されるほぼ完成した車を減税の対象にすることを目指している、と共同通信は述べた.

また、自動車のバッテリーに使用される重要な鉱物の特定の割合が、米国および米国と自由貿易協定を結んでいる他の国で抽出および処理されるという税額控除の要件に、日本が計上する必要があります。 報告。

日本の西村康稔産業大臣は、9月にロサンゼルスで開催された会合で、米国の商務長官であるジーナ・ライモンドと法律について懸念を表明した. 日経新聞は、西村が米国の相手方に、法律は国際法に違反する可能性があると語ったと報じた。

日本の主要な自動車ロビー団体である日本自動車工業会は、8月にこの法律を懸念しており、動向を注意深く監視すると述べた.

READ  KFCジャパンはカーネルを誇りに思うラッキーバッグをプレゼントしてくれます