8月 8, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国経済は日本式の停滞を回避できるのだろうか。

山西省のGDPは、2022年上半期に中国で最も急速に成長したものの1つであり、前年比で5.2%成長しました。 2022年1月14日にここに描かれているのは、ロボットが陝西省で新エネルギー車のフレームを溶接していることです。

将来のリリース| 将来のリリース| 良い写真

北京-適切な政策が実施されれば-多くのエコノミストは、中国が日本式の停滞を回避することを期待している。

中国のGDPは第2四半期にほとんど成長しませんでした Covidロックダウンは成長を抑制しますこれらの制限は緩和されました。 国は月末に予定されている政策立案者の四半期会議を待っているので、Covidの制限は不確実な表面のままです。

しかし、Covidの規制が緩和されたとしても、中国は今後数年間、未開拓の成長の可能性を秘めているとエコノミストは語った。

一つには、国の所得水準、そして理論的には支出は、成長する余地があります。

世界銀行のデータによると、2021年の中国の一人当たりGDPは米国の5分の1未満であり、調整後の純国民所得は米国の7分の1でした。

マッコーリーのチーフチャイナエコノミスト、ラリー・フー氏は、「追いつく余地はあるものの、中国は今後5年から10年にわたって4%から5%の成長を維持するだろう」と述べた。 中国が成長のために投資から消費へと移行できるかどうかなど、彼の格付けに影響を与える可能性のある不確実性があります。

もう一つの可能​​性のある分野は中国の計画です ビジネス標準とアクセスの統合 国内では、上海を拠点とする中国銀行のチーフエコノミスト、ダン・ワン氏は語った。 「これらの障壁が取り除かれると、収益が大幅に増加する可能性があります。」

彼は、現在の慣行が他の州の地方都市の会社をどのように支持しているかを指摘しました。 この地域の偏見の明確な例は、州間で異なるCovid規則が非効率を生み出した今年でした、と彼は指摘しました。

王氏によると、中国での外需と製造業への投資の増加は、今後数年間の成長を後押しするだろうと語った。

国の公式の経済物語の多くは、米国のような国ではインフレ圧力が高すぎることを指摘しながら、コビッドの「予期しない」影響と「ロシア-ウクライナ紛争」を強調しています。

中国が日本式の景気減速に直面する可能性があるかどうかを尋ねられた中国銀行のチーフアナリスト、チョン・リャン氏はその可能性を否定した。 日本の円は非常に急速に変動するが、とりわけ中国は自国通貨を管理し続けていると彼は述べた。

中はまた、技術革新への中国の投資と自信を指摘した。 将来の経済成長については、彼は期待しています インセンティブは5月に発表されました それは第3四半期または第4四半期に発効し、一部の下での取引の増加から恩恵を受けるでしょう 新しい地域自由貿易協定。

しかし、中国は住宅市場に関して日本と同様の課題に直面しているとチョン氏は語った。

北京は過去数年間、市場での投機を抑制しようとしてきました。 しかし、不動産にとって根本的で最も難しい問題は、人口の高齢化であり、「注目に値する」問題であると、Zongは北京語でCNBCの翻訳で述べています。

消費が問題です

しかし、他の人は楽観的ではありません。

北京大学のマイケル・ベティス財務教授は電子メールで、「中国には日本の不均衡の極端なバージョンがある」と述べ、成長のために消費に依存することを困難にしている。

日本の経済は、株式や不動産のバブル崩壊後の1990年代以降、一般的に米国や中国よりもゆっくりと成長してきました。

ペティス氏によると、日本は輸出とインフラ投資の急成長のおかげで1970年代と1980年代に急速に成長したが、1990年代初頭までに無駄なプロジェクトに多額の投資を行っていた。

彼は、製造業がより高い賃金に必要なシフトに適応することができなかったので、日本は成長を後押しするために消費者に頼ることができなかったと言いました。

中国は日本の道をたどる必要はありません。中国がその政治制度に大幅な変更を加えることができれば、 ベティスは4月に書いた。

しかし、中国は金融危機や急激な経済危機に陥ることはなく、代わりに「非常に長い日本式の低成長期に直面する」可能性が高いと彼は述べた。

Pettisは、主にインフラストラクチャと不動産への非生産的な投資が削減され、同等の成長源に転換されない限り、中国のGDPは今後数年間で年間2%または3%しか成長しないと予測しています。

コビッドの抗力

今年、いくつかの投資銀行は、中国のゼロコロナ政策に照らして、中国のGDPの予測を4%未満に引き下げました。

中国政策科学協会の経済政策委員会の副所長である徐宏海氏は、「経済学者はこの問題を解決できない」と述べた。 これは、北京語での彼の発言のCNBC翻訳によるものです。

CNBCプロから中国についてもっと読む

より多くの州のサポート?

しかし、最終的には、中国経済は政府に支援を求める必要があります。

2016年の著書「中国の保証されたバブル」で政府の過度の支援の危険性を警告した後、著者の朱寧は先月、政府の支援が失業と住宅バブルの最善の解決策であると示唆した。

上海交通大学の財務教授兼副学部長である朱氏は、「日本の状況は、実際には、もう少し計画的な経済的アプローチを正当化する理由かもしれない」と述べた。 「」[I] 市場ベースのアプローチは考えられません。」

日本がバブルの間に社会的セーフティネットを構築したように、中国は住宅、健康、教育という3つの基本的なニーズを確保するためにより多くの資源を投入しなければなりません。

これらの費用から中国の消費者を解放することは彼らが使うことを奨励するだろう、と朱は言った。

READ  日本で暗くなったら、ウォッカのペンライトをいくつ逃がす必要がありますか?