2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界株はわずかに下落、米国債利回りは低下

世界株はわずかに下落、米国債利回りは低下

  • 欧州株は若干下落。 スタンダード&プアーズとダウ・ジョーンズの崩壊
  • 取引が不安定な中、金が半年ぶりの高値に上昇
  • 今週後半の米国とEUのインフレ統計に注目が集まっている
  • 延期されたOPEC+会議を前に石油市場は緊張している

ニューヨーク/ロンドン(ロイター) – 投資家が米国の住宅統計を消化し、週後半の主要なインフレ指標を待つ中、月曜日のMSCI世界株価指数は若干下落し、米国債利回りも低下した。

米連邦準備制度理事会(FRB)が来年前半までに利下げを開始する可能性があるとの観測が重しとなり、ドルは大半の主要通貨に対して下落した。

ドル安や米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め政策の一時停止への期待に支えられ、金は6カ月ぶりの高値を記録した。

投資家が今週のOPECプラス会合を待ち望んでおり、2024年まで供給制限が行われると予想しているため、月曜日の原油価格は下落し、ブレント原油は1バレルあたり80ドル付近で推移している。

一方、最新のデータによると、10月の米国の新築一戸建て住宅の販売は、住宅ローン金利の上昇で手頃な価格が低下したためとみられるが、住宅セクターは依然として所有物件の不足に支えられており、予想よりも減少したことが示された。市場。

クレディ・キャピタルのジャック・アブリン最高投資責任者は「多くの投資家が来年に目を向け始めている」と述べ、「経済が減速し、物価上昇率は引き続き低下し、収益の伸びも鈍化する可能性が高いという認識が高まっている」と述べた。おそらく衰退するでしょう。」 、シカゴにある。

アブリン氏は、月曜の弱い住宅販売統計は景気減速に対する懸念と一致していると述べた。

同氏は、年末商戦の始まりとなるブラックフライデーに店舗で大幅な値引きが行われることを指摘し、「投資家は裁量的支出の減少に備えている」と述べた。

投資家はまた、市場に方向性を与える可能性のある木曜日のFRBの優先インフレ指標とユーロ圏消費者物価インフレ統計の発表を楽しみにしている。

株式では、ダウ平均株価が79.37ポイント(0.22%)安の35,310.78ポイント、スタンダード&プアーズ500指数が3.36ポイント(0.07%)安の4,555.98ポイント、ナスダック総合指数が24.25ポイント上昇した。 ポイントまたは0.17%の14275.10ポイント。

欧州STOXX600指数(.STOXX)はこの日、4週連続で上昇した後、0.34%下落し、MSCIの世界株式指数(.MIWD00000PUS)は0.15%下落した。

債券利回りが低下する中、このところ世界株が上昇しており、先進国のインフレ鈍化を受けて中央銀行が利上げを終え、近く利下げする可能性があるとの投資家の期待が高まっている。

しかし、欧州中央銀行のラガルド総裁は月曜日、賃金上昇率は依然として堅調で見通しは不透明であるため、物価上昇抑制に向けたECBの戦いはまだ終わっていないとしながらも、ユーロ圏のインフレ圧力の緩和を指摘した。

米国債では指標となる10年債が金曜終盤の4.484%から5.7ベーシスポイント低下し4.427%となった。

英中銀の債券部門ディレクター、ジム・バーンズ氏は「それは経済指標と中銀の政策であり、それらの分野でどんな情報が出ても、それが現時点で米国債利回りを上下させることになるだろう」と述べた。イングランド。 ペンシルベニア州バーウィンのブリンマー基金。

月曜日の米ドル指数はほとんどの主要通貨に対して下落し、月間としてはここ1年で最大の下落に向かう。

ドル指数は0.058%下落し、ユーロは0.04%下落し1.0935ドルとなった。 日本円は対ドルで0.39%上昇し1ドル=148.88ドル、英ポンドは日中0.02%上昇の1.2609ドルで取引された。

ロイターグラフィックス

石油市場は、加盟国が2024年までの供給抑制で合意しようとする11月30日のOPECプラス会合を数日後に控え、緊迫した状況に直面している。会合は当初日曜日に予定されていたが、生産国が合意するのが難しいため延期された。

この日、米国産原油は0.45%下落して1バレル=75.20ドル、ブレント原油は0.56%安の80.13ドルに達した。

ドル安に加え、イスラエルとハマスの紛争に対する投資家の懸念が金価格を押し上げた。

スポット取引の金は0.4%上昇し、オンスあたり2,010.55ドルとなった。 米国の金先物は0.48%上昇し、1オンス=2011.80ドルとなった。

(ニューヨークのシニード・カロ、ロンドンのハリー・ロバートソン、シドニーのウェイン・コールによる報告 – アラビア報のためにモハメドが準備) 編集:スティーブン・コーツ、エド・オズモンド、野見山智津、クリスティーナ・フィンチャー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  マクドナルドで50年間働いた66歳の男性、どうやって「定職」を見つけたのか