12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界の最終日に2回日本人女性と中国の胡雪ゴールデン

日本の北九州で開催された世界選手権の最終日、日本はタイビームとグラウンドのタイトルを獲得し、中国は 胡諏訪 平行棒と鉄棒を獲得し、ダブルゴールドメダルを1つだけ獲得しました。

日本の 芦川村 決勝で14.100 / 5.9の前に新たに戴冠した世界平均台チャンピオンになる ポーリーヌシェーファー(GER)13.800 /5.4と彼女のチームメイトの 村上茉莉 13.733 /5.8。 芦川の功績は、日本人女性にとっては2回目の金メダルであり、1954年以来の最初の金メダルでした。 2017年にシェーファーが銀メダルを獲得してタイトルと銅メダルを獲得した後、本格的なメダルになりました。 2015年。

彼の最初の世界ビームメダルであるドロービームの銅メダルは、2017年の優勝以来2階の世界タイトルである村上茉莉14.066 /5.8でグラウンドタイトルを獲得するために戻ってきました。 アンジェリーナ・メルニコワ 14.000 / 5.6で地上で銀メダルを獲得し、北九州でフルメダルを獲得しました。 メルニコバは決勝初日にオールラウンドチャンピオンとボールト銅メダルを獲得しました。 3つの世界メダルを持ってイベントを去る唯一の体操選手はロシア人であり、他のどの男性または女性の体操選手よりも多いです。 銅メダルを獲得 リーンワン (USA)は13.833 / 5.7を投稿しました。これは、米国で女性側で唯一の個人イベントメダルです。

男子大会最終日 胡諏訪 (CHN)日本の端で唯一のダブルゴールドメダリストで、15.466 /6.6に平行なバーを破っています。 橋本タイク (JPN)トップバーのタイトルが15.166 /6.7から15.066 / 6.5になりました。

カルロスユロ (PHI)14.916に、新しいボールトは世界チャンピオンに輝き、ドラキュラスクとガスダブルターンの2つの非の打ちどころのないボールトを実行しました。 その後、ユロは平行棒で15.400 /6.4で銀メダルを獲得しました。 イベント決勝初日、最初にフロアタイトルを獲得したユロにとっては快調な回復だったが、不自然な着地で5位に浮上。

ボックスの2位は日本のものです 秀信米倉秀信 14.866イベントで銅メダルを獲得する アンドレイ・メドベデフ イスラエルは最初のワールドボールトメダルを獲得しました。 Bバーの3位は中国に属しています シコン 15.066 / 6.0、鉄棒で銅メダルを獲得 ブレイディマローン (USA)14.966 / 6.5投稿、両方の体操選手のための最初の世界メダル。 どこでもチャンピオン 張坊恒 (CHN)は本日2つの決勝戦の両方から撤退しました。

中国は男子イベントで7個の金メダルを獲得し、この世界選手権で最も成功した国であり、合計9個のメダルを獲得しました。 開催国の日本は、男子側で合計8個のメダル、5個の銀メダル、2個の金メダル、1個の銅メダルを獲得しました。

米国は日本を離れて合計5個のメダルを獲得し、ロシアとイタリアはそれぞれ4個のメダルを獲得しました。 イベントでいくつかのメダルを獲得したメルニコワ(3)、 レベッカ・アンドラーデ (BRA)、村上、橋本、胡、優郎、それぞれ2個のメダル。

完全な結果を得るには ここをクリック

次の世界選手権は、2022年10月29日から11月6日までイギリスのリバプールで開催されます。

READ  日本証券取引委員会がIPOの価格設定プロセスをレビュー